亀田製菓 濃いめのハッピーターン 

ハッピーターンは、ともかく個別包装されているものよりも、ハッピーパウダーの付着率が高い個別包装されていない袋入りのものを探すほどのハッピーパウダー・ジャンキーな俺だが、ここへ来て発売されたのがその名も "濃いめのハッピーターン"。アオリ文句が "ハッピーパウダーが濃くって幸せ♪"、しかも数量限定とあっては、これは買わなければなりません(桂小枝風に)。
で、食べてみた感想。ん? 普通のハッピーターンとの違いがわからん。特に "濃い" とは思わんが・・・。疑問に思って亀田製菓のサイトを見てわかったこと。ここで言う "濃い" とは、味が濃いというわけではなくて、通常の2倍のハッピーパウダーが使われているという意味なんですね。あー、確かにハッピーパウダーが多めに感じる。食べてるとだんだん幸せになってきた。これが一部では合法ドラッグとささやかれるハッピーパウダーの魔力。
ところで、コンビニではさらにハッピーパウダーを多くした "パウダー250%ハッピーターン" なるものも売られているそうじゃないですか。気になりますね~。ちょっと探しに行ってまいります。では。
(いや、このblogが一体どこに向かおうとしているのかも探しに行かないといけないな・・・。)