小室哲哉 - Digitalian Is Eating Breakfast 

110618.jpgArtist: 小室哲哉
Title: Digitalian Is Eating Breakfast
Label: Epic Sony
Catalog#: ESCB 1013
Format: CD
Released: 1989
[試聴]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
改めて。先日DOMMUNEで生放送された小室哲哉のライヴセットは本当に凄まじいものでした。僕が多くを語っても陳腐になるだけなのですが、つまりはあの2時間が小室哲哉という表現者の、昔も今も変わることのない "核" だったのだと思います。そしてそのことを理解しているかどうかで、彼の作品の評価は大きく変わってしまうでしょう。正直言って、かつてのファンを自認する僕も、彼のことを見誤っていました(音楽家として、ね)。

さて、このアルバムは、1989年12月に発表された小室哲哉初のソロアルバム。TM Networkとしては、前年に傑作コンセプトアルバム『Carol』のリリースがあったものの、この年は外部プロデューサーによるリプロダクション・アルバム『Dress』関連のリリースが主なもので、新作はシングル「Dive Into Your Body」のみだった。とは言え、翌年にはTMNへのリニューアルが控えており、バンドとしては絶頂期であったことには疑いの余地がない。
そんな時期にリリースされたアルバムなので、多くのTMファンが求めていたTMらしさ、つまりシンセバンドとしてのTMのシンセ部分、いわゆる "打ち込み" 部分を前面に押し出したポップスとなっている。言い換えると、TMからバンド成分を除去した音楽ということ。
で、当時まだ歌謡曲業界がインストゥルメンタル楽曲を受け入れる素地がなかったからなのか、それとも本人が歌いたかったかなのかは定かではないが、全編小室本人が歌っています。これがもう残念としか言いようがないヴォーカルで。先行シングルだった「Running To Horizon」の発売当時、僕の通っていた中学校の昼食の時間に校内放送でこの曲が流れたのだが、いかにもTMらしい疾走感のあるイントロのカッコ良さとその直後に入ってきたヴォーカルとの落差に、少なくとも僕のクラスは大爆笑の渦に巻き込まれた。そんな思い出があります。そんな "モスキートヴォイス" と一部で揶揄されるようなヴォーカルではあるが、ファンにとってはそれもまた味(という受け止め方)。
ちなみに「Running To Horizon」はもともとTMのシングル候補曲。このときは前述の「Dive Into Your Body」が選ばれた訳ですが、とは言え、このアルバム自体、TMのデモみたいな作り方をされている。本人曰く、そういった裏コンセプトもこのアルバムには存在したらしいです。
ヴォーカルを除く評価としては、80年代ユーロビートからの影響が色濃いデジタルシンセをバリバリ使用したダンスサウンドが主体。勘違いして欲しくないのは、これ、あくまでクラブミュージックでも、ましてやテクノでもないということ。後に開発されたテクノ耳で聴いても面白味がないのは、基本的にシンセのプリセット音を多様しているからだろう。それは先日のDOMMUNEのライヴにおいても変わっていない模様。ただ、こういうぬるく水っぽいダンスサウンドは、個人的には実は今結構聴ける。あと、基本的にキャッチーでポップなのがいいですね。このあたり、同時進行で『天と地と』のサウンドトラックを制作していた関係で、このアルバムはデジタルシンセを多用したダンサブルなポップスに仕上がっているようです。
結局本作を聴いてもわかる通り、小室哲哉の中には基本的にハウスやテクノは根付いておらず、テクノポップすら実は経由していなくて、プログレとユーロビートがずっと核にある。そんなDOMMUNE試聴時と同じ感想を持ってしまいました。トランスですら彼にとってはその延長線上の音楽であり、そんな認識で聴くと彼の音楽もまた楽しめるのかな、と思います。
Tracklisting >>
スポンサーサイト