月別アーカイブ

 2011年06月 

びびんば - 三十七歳の地図 

110630.jpgArtist: びびんば
Title: 三十七歳の地図
Label:
Catalog#:
Format: MP3
Released: 2011
[試聴/ダウンロード]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
以前このblogにも書きましたが、ワタクシ昨年の夏、突如としてユーロビートに目覚めましてな。で、先日ふーみんさんのユーロビート・セットを聴いて、あぁ、俺の進むべき道はやっぱりこれだと改めて感じた次第。
えー、ここで言うユーロビートと言うのは、PWLプロダクションなんかを中心とした80年代のユーロビート(後期ハイエナジー)のことなんすが、一般的にユーロビートと言うとほとんどのひとが90年代のユーロビートのことを思い浮かべるようで、僕がユーロビートが面白いとか言ってもなかなか伝わらなかったりします。80年代のユーロビートと90年代のユーロビートは音楽的なテイストは別物みたいなもんなんすよ。
80'sユーロの魅力は、何と言っても突き抜けた享楽性にあるだろう。その享楽性はゲイカルチャーに由来していると思うのだが、それでいてドラッギーな部分をあまり感じさせない。強いて言えばアルコールのための音楽かな。ニホンで売れたのも納得。と同時に、テクノやアシッドハウスといった音楽はいつまでたってもニホンの社会でポピュラリティを得ることはないのだろうなとも思わせる。
それからもうひとつ、これ当たり前のようで実は重要なんだけど、ユーロビートはリズムマシンとシンセサイザーを使ったディスコ音楽であるということ。シカゴハウス誕生以前にこういうダンスミュージックが存在していたのですが、何故かユーロビートが現在のクラブミュージック史で語られることは皆無なのです。で、80'sユーロを聴けば聴くほど、現在のクラブ史から意図的に除外されていることに違和感を感じるようになりました。つまり、80'sユーロはシカゴハウスの直接的なルーツ(のひとつ)なんじゃないか(という妄想)。
そんなユーロビートの魅力を伝えるべく、文面ではなくミックステープを作りました。比較的キャッチーな有名曲を中心に選曲しています。このblogの7周年(もう3週間も前のハナシだが)とワタクシの生誕37周年を記念して公開しマウス。家呑みやドライブのBGMにどうぞ。

三十七歳の地図/Thirtyseven's Map by Bibinba

Tracklisting:
01. Eskimo - Jump
02. Barbarella - Sucker For Your Love
03. Mel & Kim - Respectable (Extra Beats Version)
04. Sabrina - Hot Girl
05. Sinitta - Toy Boy (Extended Bicep Mix)
06. Kylie Minogue - Turn It Into Love
07. TM Network - Spanish Blue
08. Dead Or Alive - DJ Hit That Button
09. Divine - Walk Like A Man
10. Michael Fortunati - Give Me Up (The JG's Remix)
11. Michael Fortunati - Give Me Up (Extended)
スポンサーサイト