月別アーカイブ

 2012年02月 

Plug - Back On Time 

Artist: Plug
Title: Back On Time
Label: Ninja Tune
Catalog#: ZENCD 177
Format: CD
Released: 2012
[試聴]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
昨年末最大のニュースは、と言うか昨年最後のニュースは、間違いなくPlug復活の報だったろう。
Plugとは、Luke Vibertがドラムンベースをやるときの名義で、1995年から1997年にかけて活動していた。とか書くとあまりにも簡単すぎて、ふーんそうなんだー、で終わってしまいそうだが、はっきり言ってPlugの音は衝撃だった。暴力的な高速アーメン・ブレイクを切り刻んだ初期衝動むき出しのビーツに、何故かラウンジ・ミュージック然としたジャジーなレイドバックしたウワもの。言っとくけどSquarepusher登場以前の話ですよ。ドラムンベースとしては異質であったが故に、当時のUKドラムンベースのシーンでは受け入れられることはなく、その受け皿となったのはむしろテクノを聴いているひとたちだった(注:まぁ今ほどテクノとドラムンベースやその他のクラブ・ミュージックとの間に明確な垣根があったわけではないし、そもそもLuke Vibertはテクノ・シーンで聴かれていたひとではあったが)。この当時のPlugの代表曲をひとつだけ選ぶとすれば、僕はRising Highから出たシングル『Plug 2: Rebuilt Kev』に収録の「Military Jazz」を挙げたい(YouTube)。ケンイシイもミックスCDに使用したこの曲が、Plugの音楽性を雄弁に物語っている。
さて、本作『Back On Time』は15年振りとなるPlugのアルバムだ。と言っても新作ではなく、60曲ほど存在するという当時の未発表曲から選ばれた編集盤ということで、当たり前ではあるがブランクを感じさせない当時と同じ音が聴こえる。15年経ってもこの音の気持ちよさは変わっていない。
ひとつ不満なのは、僕のまわりやいつも見ているblogやTwitterのタイムラインなどで、この度のPlugの復活劇についてまったく話題になっていないことだ。僕の交流がせまくて目に入らなかっただけかもしれないけど、しかしこれはずいぶんもったいないことで、以前SoundmurdererのRewindからリリースされた未発表曲の12"とは違って今度はNinja Tuneからということで非常に手に入れやすい。ニホン盤も出てるし、配信でも手に入る。是非この機会にPlugの音楽に改めて触れて欲しい。だって、このアルバムが売れたら、近い将来の次作も期待出来るんじゃないかと思うからだ。
Tracklisting >>
スポンサーサイト