電気グルーヴ×アイデア: 電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。 

電気グルーヴ関連のヴィジュアル・デザインをまとめた『アイデア』の別冊。
最新アルバム『人間と動物』から順に時代をさかのぼる形で、アルバム・ジャケットやアー写からツアーグッズに至るまで、タイトルの通り電気グルーヴ、石野卓球とその周辺のヴィジュアル・デザインが網羅されている。装丁もめちゃくちゃ凝っているし、さらにメンバーや周辺人脈による解説やインタビューの文量も膨大で、きちんと読み込むにはかなりの時間も労力も必要とする。しかしそれがまったく苦にならないし、飽きない。むしろ読んでいてじわじわとくるこの多幸感たるや!
電気ファンは本当に必携の書だと思いますよマジで。

電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集
(2013/03/12)
久米 泰弘、アイデア編集部 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



【ワイン】 Cortes de Cima Chaminé Tinto 2010 Vinho Regional Alentejano 

ポルトガルのアレンテージョ地方のワイナリー、コルテ・デ・シーマが送り出すエコノミー・クラスのワインがこの "シャミネ"。
コルテ・デ・シーマは、カリフォルニアで修行を積んだデンマーク人のジョーゲンセン氏が理想のワイン産地としてアレンテージョを見出して開いたワイナリーで、ワイン評論家ニール・ベケット氏の『死ぬ前に飲むべき1001ワイン』に選出された "インコグニート" を生み出している。

フルーティーかつフローラルな香りは芳醇で、グラスの内側の涙には粘り気がある。舌触りはシルキーでベリーのような甘みを感じながらも、全体の印象としてはかなり力強い。
千円以下の価格帯でこの味はもうほとんど奇跡じゃないの?

ところで前述のコルテ・デ・シーマ "インコグニート"、日本には60本しか入ってきていないとのこと。実は先日清水の舞台から実際に飛び降りて左足首を捻挫しながら購入したんだけど、何か理由つけないととてもじゃないけど飲めないよなぁ…。

"コルテ デ シーマ シャミネ" を楽天で見る >>