【ビール】 アサヒ レッドアイ 

red.jpgアサヒからビールベースのカクテル "パナシェ" と "レッドアイ" が発売されています。先ずはレッドアイを試してみました。
レッドアイは、ご存知のようにピルスナーをトマトジュースで割るカクテルなんですが、「ここで使うトマトジュースは安いやつの方が旨くなるんだ。」みたいな村上春樹作品の登場人物のような台詞(イメージです)を言えるほど僕はカクテルには詳しくないのでうんちくはパス。
ビールの持つ魅力は残しつつ、トマトジュースの酸味と塩分も味わえてなかなかいける。食事に合わせるよりは、軽く何かをつまみながら飲む方が良さそう。

"アサヒ レッドアイ" を楽天で見る >>

アサヒレッドアイ350ml 1ケース24本入り【数量限定販売アサヒレッドアイ350ml 1ケース24本入り【数量限定販売
()
レッドアイ

商品詳細を見る
アサヒ レッドアイ 350ml×24缶(1ケース)アサヒ レッドアイ 350ml×24缶(1ケース)
()
新ジャンルビール

商品詳細を見る
スポンサーサイト



Jackmaster YOSHIKI - Jackmaster YOSHIKI is Dead 

Artist: Jackmaster YOSHIKI
Title: Jackmaster YOSHIKI is Dead
Label:
Catalog#:
Format: MP3
Released: 2013/05/05
[試聴/ダウンロード]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
アシッド・コンピTB or not TBシリーズ(過去記事1過去記事2過去記事3)なんかの首謀者であるtecraがJackmaster YOSHIKIの名前で発表した作品のコンピレーション(のダウンロード版)。一応このリリースを持ってアシッド的な作風のものは一区切りとのことだ。
アルバム全体をおおまかに分けると、ブリーピーなミニマル、レイヴィーなハード・アシッド、グルーヴィーなアシッドハウス、の順に収められている。収録曲は微妙に既発曲のヴァージョン違いだったりもするが、やはり僕は後半のアシッドハウス集に勢いと魅力を感じてしまう。

僕は、彼に限らず、ネットや同人イベントで作品を発表している何人かのひとたちの音楽を、昔からテクノを聴いているようなひとたちにも届いて欲しいとずっと思ってるけど、なかなかその断絶を埋める力にはなれなくてもどかしさを感じることがある。
逆説的ではあるけど、テクノに関しては、ネットでフリーで音楽を公開するよりも、ヨーロッパなどのレーベルからリリースされないと、より広い層には聴かれないという状況がある。tecraさんには以前、確か『braille ep2』のデモを聴かせてもらった時だったと思うが、ネット・リリースじゃなくて海外のレーベルに送ってみたら、と言ってみたことがある。あの侘寂が滲出したようなミニマル・ダブはちょっとほかで聴いたことがないものだったからだ。それに対しては、まだそこまでのスキルがないので…、みたいに返された。僕は、そういうの同人根性って言うんですよ悪い意味で、と思ったけど、めんどくさくなってそこで会話(Twitterのメッセージ)は終わった。
まぁ僕なんかに言われるまでもなく、みんな海外の(に限らず、だけど)レーベルにデモを送ったりしてるのかも知れないけど、て言うか、そういう旧来の手法を嫌ってネット・リリースを選んでいるひともいるんだろうけど。
余計なお世話か。

あと、このコンピと同時に、コンピには未収録の同タイトルのトラックも公開されている。これがどぎついレイヴィーなアシッド・チューンなのであわせて聴きたい。
ところで「ヤサイマシマシッド」を改めて聴いて気づいたけど、これってきっと「ムジナ2」だよね?(笑)


Tracklist:
01. Glay Stork
02. Orange
03. ヤサイマシマシッド
04. Otoha Clash
05. Buff Clan
06. Pyper Luw
07. ときめきTonight
08. Kick It!!

Jackmaster YOSHIKI is Dead by tecra/Jackmaster YOSHIKI

Tracklist:
01. Jackmaster YOSHIKI is Dead