水曜日のカンパネラ×カワムラユキ - 金曜日の花魁 

Artist: 水曜日のカンパネラ×カワムラユキ
Title: 金曜日の花魁
Label:
Catalog#:
Format: File (MP3)
Released: 2015/05/29
あいかわらず水曜日のカンパネラの動向から目が離せない(瞳孔だけに)。
昨日、岡山でOL Killerとのツーマンがあった日(僕は行けませんでしたが)、コムアイが出演するヤフオク!の地上波テレビCMの放送開始と、そして本作の無料配信開始が、突如として発表された。
「金曜日の花魁」は、昨年11月にアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』(過去記事)の発売に合わせて行われたタワーレコードのインストア・ツアーの際に、参加特典として配付されたCD-Rに収録されていた楽曲である。作詞をカワムラユキ、作曲をケンモチヒデフミが務め、コムアイが歌っている(そう言えば3人とも名前の表記がカタカナですね)。
コムアイが "歌っている" と書いたが、いつものようなラップではなく、ポエトリー・リーディングのような語りが大半を占めている。昨年発表された時期とくらべて "ポエム・コア" という単語がだいぶ流通するようになったので、今現在ではそのように呼んでしまっても良いのかもしれない。
トラックはドラムとピアノだけなのかな? とってもシンプルな構成でコムアイの狂気に対峙しているし、渋谷の街を歩きながら録音されたというコムアイのヴォーカルのバックに聴こえる雑踏が、SE的なスパイスの役割を果たしていて、他の水カンの楽曲とはかなり趣きが異なる。
他アーティストとのコラボレーションという意味では、今年出たEP『トライアスロン』(過去記事)のアイディアの始まりとなった作品なのかもしれない。そして、もうすぐワンマン・ツアーが始まるタイミングでこの曲の無料配信が始まった意味とかも考えると、色々深読みしてしまう(妄想とも言う)。
初めて水カンを聴くひとにこの曲から薦めるようなことはあり得ないけれど、ファンとしては "これはこれで" という感じで聴いておきたい1曲だ。

Tracklist
01. 金曜日の花魁
スポンサーサイト



【ビール】 サッポロ 麦とホップ The gold 薫るコク 


サッポロの麦とホップ The goldの限定ヴァリエーション薫るコクを飲んでみました。

リッチゴールド麦芽、ゴールデンアロマホップに加えて、富良野産ホップ、ゴールデンスターを一部使用。奥深いコクながら、爽やかに薫る。夏しか飲めない麦とホップ The gold、誕生。
サッポロ 麦とホップ The gold 薫るコク 商品情報サイトよりコピペじゃなくて手打ち)

だそうです。いただきます。
アッ、この爽やかなホップの感じ、嫌いじゃないです。香りと味わいが力強くって。さらに、深みのある苦みが、余韻をよりゴージャスに飾っている。これには驚き。そもそも麦とホップは旨いんだけれどもね。
簡潔に言うと、麦とホップ The gold 薫るコクは、ヱビスの忠実なイミテーションだ。

"サッポロ 麦とホップ The gold 薫るコク" をAmazonで見る >>

"サッポロ 麦とホップ The gold 薫るコク" を楽天で見る >>

【ビール】 サッポロ ラガーズハイ 

high.jpg
イオングループ限定・期間限定の第3のビール "サッポロ ラガーズハイ" を飲んでみました。

サッポロ ラガーズハイは颯爽としたのどごしが味わえる、アルコール分7%の本格的な新ジャンルです。厳選した3種のホップを使用し、爽やかな香りを実現しました。心地良い刺激と開放感を与えてくれる、本格的な味わいをお楽しみ下さい。
サッポロ ラガーズハイ 商品情報サイトよりコピペじゃなくて手打ち)

だそうです。
のどごし、高アルコール度数、ホップの爽やかな香り、心地良い刺激…。ずいぶんもりだくさんですね。そしてわしづかみですね。いただきます。
アッ、この贅沢なホップの感じ、嫌いじゃないです。と思ったのもつかの間、アルコール感のある甘みが暴力的に押し寄せてきて、すべてを台無しにしてしまいまった。
これ、消費者に訴求しそうな要素を色々詰め込みすぎですよぉ。サッポロの第3ビは信頼していただけに、残念。