【ビール】 アサヒ ヴィクトリーロード 


ヴィクトリーロードは、ビールメーカーで唯一の "東京2020ゴールドパートナー" であるアサヒビールが出した、リオデジャネイロ2016オリンピック日本代表選手団応援商品。
アサヒはオリンピック毎にこういった期間限定のビール型飲料を出してますね。近いところではソチのクリスタルゴールド(過去記事)とかロンドンのジャパンゴールド(過去記事)とか。

 『アサヒ ヴィクトリーロード(VICTORY ROAD)』は、ブラジルでよく飲まれる軽快なボディで苦みが控えめの味わいのビールを参考にし、5種のホップを使用した爽快で華やかなのどごしの新ジャンルです。
ニュースリリースより抜粋)

クリスタルゴールドもジャパンゴールドもホップのフレーヴァーが心地よく美味しかった記憶があるので、今回のヴィクトリーロードもわりかし期待して買って帰ったんですよええ。
グラスに注ぐとライトなボディーを想像させる色。飲んでみると、んんん? 苦みは控えめと言いながら、わりとイヤな感じの苦みがあるぞ。例えるなら、ビール飲んでるうちに寝てしまって、気づいたら朝、床に寝ていて、グラスには飲みかけだったぬるくなって気の抜けたビール、もったいないから起き抜けに飲み干したときの苦みに似ている。
うーん、イージーな企画モノだけど味には期待してたのになぁ、今回は残念。




スポンサーサイト