【ビール】 DHCビール4缶飲み比べセット 

昨年よりDHCがクラフトビールの製造・販売に乗り出しております。

DHCといえば化粧品や健康食品のイメージが強かったのですが、日本酒なども作っていることからのアルコール飲料の販売拡大という企業意思の表れなのかしらと勝手に想像しています。
富士山系の伏流水に惚れ込んだDHCは、静岡県御殿場市の富士山麓に工場を建設し、ビールの仕込み水だけではなく、器具の洗浄といったありとあらゆる箇所においてその弱アルカリ性の軟水を使用しているとのこと。
また、醸造に使用する酵母も通常は輸入品を使用することがほとんどなのだそうですが、DHCでは自社で培養しているらしく、異業種からの新規参入とは言え、日本でも指折りの本格的なビール醸造所となっているように思います。

そんなDHCビールが数量限定で飲み比べセットを販売していたので、お試しで購入してみました。4缶で1,000円(送料・消費税込み)はなかなかお得ではないかしら。さっそく飲み比べてみました。

DHC ラガービール

ひとつめはオーソドックスなピルスナータイプ。ふんわりとした柑橘系の香りはホップ由来なのかな。飽きの来ない飲みやすさがあるので、ひとまずこのビールを基準値として他のビールも味わってみよう。
DHC ゴールデンマイスター [無濾過]

ふたつめは、おそらくひとつめのラガービールの無濾過タイプ。こちらのほうが、コクとまろやかさ、それに甘みが強く感じられます。
DHC プレミアム リッチ エール

みっつめはエールということだけれど、ビアスタイルは何になるんだろう。アメリカンペールエールかしら。濃色の見た目と、ホップの華々しい香り、そして脳をしびれさせる苦味。重厚感があります。
DHC ベルジャンホワイト

よっつめはみんな大好き、オレンジピールとコリアンダーシードを使用したベルジャンホワイトエールですね。こちらは重たくなりすぎず、小麦のさわやかさの感じられるベルジャンホワイトです。

今回の飲み比べセットには含まれていなかったのですが、DHCには他にもDHC ブラックラガーというシュバルツもあるらしく、そちらも大いに気になるところです。

DHCビールはいまのところ通販でしか買えないっぽいのですが、こういう美味しいビールが飲みたい時に近所のお店とかで買えるようになれば幸せなんだけどなぁ。