【ビール】 最近の普段飲みビール 2020春夏編 

こんにちは、びびんばです(DEATH)

さて➡️皆⬆️さん↘️(浜村淳)、拙ブログの左側(←)にあるサイドバーの中に、【現在の普段飲みビール】という、僕がそのときどきでケース買いをしているビールを紹介するミニコーナーがあるのをご存知でしたか?(PCビューの場合)
誰も気に留めていないこのコーナー、普段飲みビールの種類が変わるたびにちまちまと書きかえているのです。ブログの記事は更新しないくせに。

で、今回はタイトルの通り、僕が最近普段飲みでローテしている(第3の)ビールのうち、一軍入りしている選手の中から、特に我がチームのクリーンナップを構成するメンバーを紹介します。

サッポロ ゴールドスター

サッポロが満を持して送り出してきた(と俺が勝手に思ってる)ゴールドスター。金星と名付けられたことからもその本気度が見て取れる。
クリアーで飲みごたえがある王道のピルスナー。万人が美味いと言うであろう抜群の安心感は、逆に没個性と感じてしまうくらいの美味さ。
多少地味ではあるが、安定感がありオールマイティー。さしずめ「3番 サード 黒木」と言ったところだ。眼鏡がシヴい。

サントリー ブルー

プレモルの香るエールを連想させるカラーリングの缶の上に踊る「エール酵母」の文字。いよいよサントリーが香るエールの第3ビver.を市場に投入してきた。
香るエール由来の鮮烈なアロマが最高に心地良いが、シーンを選ぶピーキーさがあるのも確か。いやでも僕はこのビール好きだよ。大好きだ。
純粋さと心の傷をひょうきんさで隠す様はさしずめ「4番 ピッチャー 上杉」と言うところ。背番号のないエースさ。

アサヒ ザ・リッチ

アサヒが、プレミアム帯のビールにも対抗出来得る第3のビール、というコンセプトのもと送り出されたザ・リッチ。モルトのコクがとにかく重厚でうまみが強い。ここ一番というシーンでも使用できるが、続けて飲むにはやや不向きかも。
重量級のホームランバッターと言う部分ではさしずめ「5番 キャッチャー 松平」と言ったところだ。いよっコータロー!

いかがでしたか。
あなたの普段飲みビールを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。ひきつづき良きビールライフを。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★サントリーブルー 350ml 1ケース サントリー
価格:3755円(税込、送料別) (2020/6/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒ ザ・リッチ 350ml 24缶(1ケース)
価格:3866円(税込、送料別) (2020/6/19時点)