神戸中華うえばやし (兵庫・元町) 

元町にある「神戸中華うえばやし」は、国産食材や無化調にこだわったおしゃれなカウンター中華。1年と少しのブランクを空けて2度目の訪問です。


(店の写真は公式から。ハイまた撮り忘れました。)

今回はTableCheckで8,000円のコース(税込・サ別)を予約しました。オンライン予約サイトは世にたくさんありますが、TableCheckは気軽に使えて好きです。ワタシ好きですTableCheck。

20230718001844ce0.jpeg

まずはハートランドでカンパーイ。この日はハートランドだけを飲み続けるストロングスタイルを貫き通しましたが、同時に中国茶も勧められたのでいただくことにしました。
シェフいわく、中国茶を飲んでるとお酒を飲みすぎても二日酔いになりにくい(ような気がします)とのこと。

202307180018464b0.jpeg

左はモロッコいんげんとカラスミの炒め、右はくらげの酢の物。いきなりビールが進む布陣だ。

202307180018484d2.jpeg

エビを揚げてパクチーとともに。もちろん殻ごとかじりついたが、これはパクチーがいい仕事をしている。

20230718001849172.jpeg

ゴールドラッシュのスープ。素材の甘さがつよつよ。

202307180018516c6.jpeg

出ました当店のスペシャリテである若鶏のパリパリ香り揚げ。前回いただいたときにとてもおいしかったのですが手間のかかる品だからなのか1皿あたりのポーションが少なく、もっと食べたい!と渇望したことから、今回は予約時に「若鶏のパリパリ香り揚げをたくさん食べたい」とリクエストしておりましたところ…

20230718001852f87.jpeg

ハイ、おかわりが出てきました。その名の通り飴色の皮目のパリパリとした食感の楽しさと、引き締まった身のジューシーな旨みがたまらん。ひとりレッグ1本、満足しました。

20230718001853402.jpeg

鯛と空芯菜の蒸し物。鯛もおいしいがスープがいいダシ出てる。

202307180018554ea.jpeg

和牛ロースの味噌炒めレタス包み。おにくやわらかいしおいしいの。

202307180018568d3.jpeg

豆乳冷やし担々麺。お腹のふくれてきたところに濃厚なごまのスープだが、夏野菜の乗った冷製なのでついうっかり脳がさっぱりと錯覚させられてズルズルといってしまう。

20230718001858d9a.jpeg

デザートは紅茶とライチのプリン。

すべて美味しく満足感もあり、お店の雰囲気や居心地も良く、次回から中華が食べたくなったらこのお店一択で、とこの日の家族会議で可決承認されました。
ちなみにビールをふんだんに飲んだため帰りの電車では舟を漕いでいましたが、翌日二日酔いにならなかったのはやはり中国茶の効果(のような気がします)。



関連ランキング:中華料理 | みなと元町駅花隈駅元町駅(JR)

スポンサーサイト



鮨 瑞穂 (青森・八戸) 

八戸では珍しいとされる赤酢を使用した江戸前鮨を提供している「鮨 瑞穂」におじゃましました。



もともと「鮨 大磯」の屋号で35年の歴史を持つお店に、東京で修業されていた二代目が戻られ、2021年4月に移転とともに「鮨 瑞穂」としてリニューアルオープンされたとのこと。
8席ほどのL字カウンターと、別に個室もあるようでした。

20230712233344f85.jpeg

吾々には先代が担当してくれました。
まずは生ビールでカンパーイ。

20230712233345786.jpeg

いきなり煮凝りにやられました。
これは日本酒でしょう。ということで、ここからはいつものビールと日本酒の二刀流で。

20230712233347ca2.jpeg

赤貝がコリコリしてよかった。俺は貝好きなんだ。

202307122333487e0.jpeg

自家製鯨のベーコンが絶品。燻感だけでも酒が飲める。

202307122333506c5.jpeg

鮨屋のシュウマイ。こちらは先代のスペシャリテとのこと。

20230712234545e8a.jpeg

八戸と言えば鮑(だそうです。前日カーサ・デル・チーボのワイン担当の奥様がおっしゃってました)。水貝で。

ここから握りに入ります。

202307122333511da.jpeg
槍烏賊

20230712233353c3e.jpeg
赤身

当店の鮪はやま幸からの仕入れのようです。

20230712233354cee.jpeg
トロ

序盤から赤身とトロの食べ比べ。
なんですが、赤身の質が高すぎて差異があまりなく。もっと、うわやっぱトロすげえ!、みたいにテンション上げたかった。

20230712233356d36.jpeg
小鰭

2023071223335731d.jpeg


20230712233359ca1.jpeg
帆立

一八寿しでいただいた帆立ほどのインパクトはなかったが、やはり美味い。

20230712233400371.jpeg
小鰭

先代から大将に交代して、なぜか2度目の小鰭登板。
仕事の違いがあるのかとかすごく考えてしまったが、単に途中で交代したため間違っただけとのこと。
ご愛嬌ということでしたが、こちらも1貫多くいただけてラッキーでした。

20230712233402ff3.jpeg
ノドグロ

2023071223340363b.jpeg

これは何でしたかねぇ…。本物のグルメブロガーならきちんとメモを取ったりするんでしょうけど。ましてや店の写真を撮り忘れたりなんてことはないんでしょうけど。

20230712233426632.jpeg
雲丹

202307122334270b0.jpeg
煮穴子

ふわっふわで、ツメの濃厚さも含めこれは超うまい。

2023071223342925c.jpeg
厚焼き玉子

202307122334301dd.jpeg
煮蛤

何か追加したくておすすめをお願いしましたが、こちらは生臭さが残ってイマイチでした。

202307122334325d1.jpeg
トロたくと筋子巻き

202307122334332a5.jpeg

椀ものでほっと落ち着く。

アテも握りも江戸前の仕事を施しながらも、素材のグルーヴを感じるものでした。
そして二代目大将の研究熱心さも伝わりました。

13,200円のおまかせにちょっと追加して、ビールを数杯と日本酒を数種類いただいても、お会計はひとりアタマ1万8千円ちょい。
お店の雰囲気も高級店の店構えの中にカジュアルな空気感が残り、観光客よりも地元の方たちがちょっとしたご馳走使いにしているようなお店に感じました。
次は違う季節に来てみてもいいかもしれません。



関連ランキング:寿司 | 本八戸駅小中野駅

三陸リアス亭 (岩手・久慈) 



三陸鉄道リアス線の久慈駅は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』では北三陸鉄道の北三陸駅として登場しましたが、その久慈駅舎内にあるそば・うどん等の軽食店が三陸リアス亭です。

2023071022552778d.jpeg

当店の1番人気はやはり、夏ばっぱのうに丼のモデルになったと言われているうに弁当でしょう。
1日30食限定売り切れ必至ですが、事前に予約しておくと確実にゲットできます。
吾々は4週間前に電話で予約をしており、その旨を伝えるとすでに人数分袋に入れて用意してくれていました。

202307102255293d7.jpeg

せっかくなので袖が浜(小袖漁港)の灯台を見ながらいただきます(写真の奥に灯台がぼんやりと写ってるのわかるかな…)。

20230710225530cd7.jpeg

中にはご飯の上に蒸しうにがみっちりと。
食味はうにの甘味がほんのりと感じられるものの意外とあっさりとしており、ぱくぱくと箸が進みます。
なかなか美味しいものだ。

1,850円という値段は安いものではないけど、『あまちゃん』好きにはお値段以上の価値があることでしょう。
いちどは食べてみることをおすすめします。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 久慈駅

Casa del cibo (カーサ・デル・チーボ) (青森・八戸) 

八戸にあるイタリア料理レストラン「カーサ・デル・チーボ」を再訪しました。



前回来たのは6年前。
HTB『おにぎりあたためますか』で訪れていたのを観たのがきっかけでした。
その頃とは店内もメニューの内容も変わっていますが、毎日更新されるInstagramの投稿を見て、もう1度行きたいと思っておりました。

しかしながらお店は八戸の中心街から離れた住宅街に位置しており、目的を持ってわざわざ行かないとなかなか難しい場所にあります。
ましてや、普段大阪に住んでいる吾々にとっては八戸自体がアクセスし難い土地であることもあり、再訪のハードルはけっこう高い。
でもそういった「わざわざ行く価値のある」というのは飲食店の魅力にとって非常に重要なファクターであり、逆に強みでもあるとも言えます。

夜のコースの価格は現在消費税込み14,300円ですが、吾々は金額改定前に予約を済ませていたからか、消費税込み13,200円でした。
訪れた6月某日のメニューは以下の通り。

2023062722050916d.jpeg

6年前に飲んだのと同じランブルスコのボトルでカンパーイ。

20230627220510d29.jpeg

裏ラベルを見ると吾らが地元東大阪市のモトックス卸しのものでした。途端に親近感がわく。

20230627220512603.jpeg
青森県鯵ヶ沢アビタニアジャージーファームさんのジャージーミルクのマスカルポーネ ハモンセラーノ

1皿めからチーズのミルキー味が濃く、生ハムの塩味と相まってワインが進みます。

20230627220513fa6.jpeg
八戸産とらふぐ椎茸〆 とらふぐジュレ 椎茸チップ からすみ 自家製マイクロリーフ

昆布締めと同じ要領で椎茸で締められたとらふぐの出汁の味が濃い! ワインが進みます。

20230627220514361.jpeg
八戸漁師『三宝丸』さん水ダコ 黒オリーブソース タココンソメ

こちらが当店のスペシャリテのようです。やわらかいタコのコンソメの出汁が濃く、ワインが進みすぎてなくなってしまいました。

20230627220517c19.jpeg

2本目はヴェルデッキオ。
さすがイタリアンレストラン。ワインもイタリアのもので揃えられています。

20230627220516856.jpeg
青森県産アブラツノザメフカヒレ 青森県産干し帆立貝柱 カッソピーパソース

カッソピーパというのはじっくりコトコトといって感じの意味合いだそうですが、フカヒレと干し帆立貝柱の凝縮されまくった旨味がヤバい。ワインがめちゃくちゃ進みます。

20230627220519b8e.jpeg
イカ墨の冷製タリオリーニ 八戸産生うに 八戸産ヤリイカ

ここからパスタ3連発です。
まずは海を感じるさっぱりとした冷製。

20230627220521698.jpeg
鮑の肝を練りこんだトロッコリ 八戸産蝦夷鮑 八戸産アオツブ

僕の大好きな鮑とツブ貝の共演にテンションが上がる(人からは上がってるようには見えませんが)。

202306272205220cc.jpeg
タヤリン 青森地鶏シャモロックラグー トサカ リードヴォー

シャモロックのラグーが肉食ってる感があって、タヤリンのコクと相まって最高!

20230627220523117.jpeg
三沢産太刀魚 にんにくの芽リース 唐辛子の泡

パリッとした太刀魚の皮目に唐辛子のピリッとしたアクセントが最高!

20230627220525875.jpeg

メインは鴨と書いてあったので、合いそうな赤をグラスで選んでもらいました。バローロです。

20230627220526697.jpeg
青森県産銀の鴨のバロティーヌ仕立て 十和田根曲がり竹 十和田安納芋 黒にんにくのソース

いやあ驚きの1皿でした。シンプルな鴨のローストが出てくるのかと思いきや、鴨肉を鴨の挽肉で巻いたという1品。聞けばバロティーヌというのはフランス料理の手法だそうで。手が込んでいて、肉食ってる感もあって、素晴らしかったです。

20230627220528ae7.jpeg
岩舘りんご園産アップルルバーブコンフィ クレームダンジュ アーモンドミルクジェラート

20230627220529a14.jpeg
小菓子と食後のお飲み物

全11品で食事時間はゆうに3時間を超えましたがまったく退屈せず、すべてのお皿に手間と工夫があふれていて驚きと感動の連続。
地元の青森や三陸の食材を使用して、和食のような調味も感じさせつつ、調理のベースとなる手法や考え方はまぎれもなくイタリア料理という、ここに来ないと体験することのできないオンリーワンなお店だと感じました。
今回ひとりアタマ1.8万円を切るというお会計も含めて、とても満足感の高い時間を過ごさせていただきました。

ところでどのお皿で使われていたのか失念したのですが、アオサをシェフが早朝に磯に取りに行ってるというお話を伺って、そんなシェフ他にも知ってるなぁ(昨年大阪から高知に移住した某ポルトガル人シェフのことです)と思ってつい笑ってしまいました。

店名のカーサ・デル・チーボは「美味しい食べ物の家」。
また何年後になるかわかりませんが、必ずおじゃまします。



関連ランキング:イタリアン | 白銀駅陸奥湊駅