Comptoir15(コントワール15) (大阪・西大橋) 

西大橋の商業ビルの半地下エリアにあるビストロ、Comptoir15に初訪問。創業は2015年9月とのことです。ミシュランガイド京都・大阪では、2020年から2023年まで4年連続ビブグルマンに選出されています。



お店は初めましてでしたが、当店の店主は、20年以上前に吾々が通っていた某老舗ビストロでソムリエ、その後店長を勤められた方。20年前にその店を借り切って吾々の結婚式の二次会を行った際にスタッフとして担当していただいた方でもあります。
今回、おそらく10数年ぶりの再会を果たしましたが、吾々のことを覚えていただけていたようで嬉しく思います。

20240204142824991.jpeg

厨房を囲むように配置された円形の珍しいカウンターに通され、再会の挨拶もそこそこに、先ずはシャンパーニュでカンパーイ。

20240204142825330.jpeg

当店は料理はアラカルトで、ワインは店主におまかせで、というスタイル。
ひとまず初めてなので前菜盛り合わせ(2人前)からお願いしました。

パテドカンパーニュは、かつて通い詰めた某老舗ビストロの味を思い出しました。当店の店主がその店のスタッフだった頃、キャセロールに入ったパテドカンパーニュをテーブルまで運んできて、フォーク何本分の厚さに切り分けるかを聞いてくれるのが楽しかったなぁ。

20240204142827345.jpeg

2杯目は、私はアルザスのオレンジ、

20240204142828a9c.jpeg

妻はラングドックの白を、それぞれ選んでもらいました。
前菜盛り合わせだけで延々と飲めるので、次の料理の注文を忘れていました。

20240204142829ee9.jpeg

次の料理に合わせて、私にはブルゴーニュのシャルドネを、

2024020414283100f.jpeg

妻にはシャブリ。

20240204142832f57.jpeg

頼んでいた料理はエスカルゴ ブルゴーニュ風。こちらもかつて通った老舗ビストロで定番だった一品です。

20240204142834e2f.jpeg

メインの肉料理に合わせたワインは、私にはマディランの赤、

20240204142835bb9.jpeg

妻にはボルドーの赤。

20240204142837efc.jpeg

メインに選んだのは、黒豚トマホーク(肩ロース)スパイスロースト。
見よこの迫力! 最高に肉食ってる感がありウマーでした。

20240204142838df2.jpeg

食後のデザートワインとして出されたのは、私はシャンパーニュの酒精強化ワイン、

20240204142840284.jpeg

妻はルピアックの貴腐ワイン。それぞれ珍しいものを出してもらったような気がします。

202402041428411d6.jpeg

私の柚子とチョコレートムース ムース・オ・ショコラ添え、

202402041434315d3.jpeg

妻のモンブラン 塩キャラメルアイスクリームにもよく合いました。

よく食べ、そしてよく飲みました。会計はひとり1万3千円ほどだったので、ワインの値段は逆算すると1杯あたり1,200〜1,500円といったところか。
店名の通りカウンターとテーブル合わせて15席のお店を、店主ひとりで調理から配膳、会計までこなしており、しかも料理やお酒の提供のタイミングもまったく破綻することなく、スーパーマン級のプロの仕事を見せつけられました。
料理はまだまだ食べてみたいものがたくさんあるので、これからビストロの気分のときは利用して常連を目指したいと思います。
いやぁいい店だった。なんでもっと早く行かなかったんだろ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ビストロ | 西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅


スポンサーサイト



余白 (大阪・本町) 

コロナ禍だけが原因ではないけど、お気に入りの飲食店がなくなったり、閉店まではしなくても営業形態が変わってしまったりといった経験を重ねるにつれ、そのお店に通っていた当時の自分の考えを記録に残しておけば良かったと思います。そのお店のどこに自分が惹かれ、毎回通っていたか、何を食べ、何を飲み、何を思い、何を感じ、何を考えていたか、時間が経つとともに、どうしてもだんだんと記憶は薄れていってしまうからです。
一昨年あたりから当blogで訪れた飲食店の記録を積極的に残すようになった理由のひとつです。



"余白" は2021年2月に本町の久太郎町にオープンした焼菓子(昼)とフランス料理(夜)のお店。シェフは札幌出身で、吉花(過去記事)がオステリア・ヨシエだった頃(おそらく)に働かれていたとのこと。
吾々は今回吉花の吉江シェフにお店を紹介していただき、昨年の12月に初めて訪れました。
外観写真は公式サイトより(はいまた撮り忘れた)。

20231224223935ea8.jpeg

この日の献立。
当店のコースは8品12,000円と6品7,800円の2種類があり、今回は初めてと言うこともあって12,000円のコースをお願いしました。

2023122422393769f.jpeg

カウンターだったのでワインも目の前のシェフに相談しながら、シャブリをボトルでお願いすることにしました。スッキリ冷えていて目が覚めるような美味しいワインだ。

202312242239381c1.jpeg
・トリュフと柚子のケークサレ

202312242239402fd.jpeg
・ズワイガニとマスカット 大豆 ココナッツ 冬瓜

20231224223941dd5.jpeg
・桜肉と甘エビ 山葵 金柑 三つ葉 蕗

20231224223943c9f.jpeg
・トマトと鰹節 雲丹 茴香タリオリーニ

20231224223944e55.jpeg
・鴨のソーシソン 根セロリ 山菜 蕗の薹

20231224223946cdb.jpeg
・鰆 柿の田楽 菜の花 柚子 キャビア

20231224223947066.jpeg
・青森 銀の鴨 根パセリ バラ 秋トリュフ

2023122422394935e.jpeg

デザートワインも選んでもらいました。ヴィショラ。

20231224223950d3f.jpeg
・日本酒と酒粕のフォンダンショコラ 加計呂麻島の海塩のソルベ

以上、食材の組み合わせの妙技には吉江シェフの遺伝子を感じつつ、どのお皿も手が込んでいて美味しかった。

前述の通り12,000円と7,800円の2種類のコースに加え、アラカルトの注文も可。カジュアルな雰囲気で居心地が良く、お酒もお手頃な価格のものが揃っていて、これから通いたいお店に出会うことができました。
かつて同じ本町にあった某レストランに月イチで通っていたことを思い出したりもして。吾々にとってそんな存在のお店になればいいなと思います。



関連ランキング:フレンチ | 本町駅堺筋本町駅心斎橋駅