>Amazon.co.jp >> iTS >>何ともわざとらしく白々しい北京オリンピックの開会式を観ていると気分が悪くなったので、ビールを飲みながら、ひさびさにJeff Mills『Exhibitionist』のDVDを観ていました。90年代前半、今は亡きCasper Pound率いるロンドンのRising High Recordsとそのサブ・レーベルのSaphoよりリリースしていたJames Be...">

Influx - Rising Higher (Railyard Recordings/2008) 

Influx - Rising Higher
Label: Railyard Recordings (RYR017)
Format: 12"/MP3
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
何ともわざとらしく白々しい北京オリンピックの開会式を観ていると気分が悪くなったので、ビールを飲みながら、ひさびさにJeff Mills『Exhibitionist』のDVDを観ていました。

90年代前半、今は亡きCasper Pound率いるロンドンのRising High Recordsとそのサブ・レーベルのSaphoよりリリースしていたJames BernardによるユニットInfluxの超ひさびさのシングルは、NYのRailyard Recordingsから。
Casper Poundはジャーマントランスを "世界で最も優れたダンスミュージック" であると規定し、自身のRising High Recordsにおいて、彼独自のドラッギーな感覚により選別された独製トランスを次々とリアルタイムで全世界に紹介していったという、90年代のテクノの隆盛に大きく貢献した人物であります。結局ドラッグの食い過ぎで死んじゃったんですけど。
今回のInfluxのシングルのタイトルは『Rising Higher』。サイドBの曲名は「Caspar's Ghost」。何とも意味深と言うか、まんまと言うか、本作は故Casper PoundとRising High Recordsへのオマージュなのだ、きっと。収録曲は、2曲ともCasper PoundとRising High Recordsが活動の全盛期としていた90年代前半当時に戻り切ったかのようなアシッドトランス。ドラッギーなシンセがサイケデリック感覚を誘発しつつも、現在のミニマルを通過したとも取れるシンプルかつクールな感覚を持ち合わせた長編ロングトリップ。懐かしいのに新しい!!
今年はレイヴアシッドトランス/ディープトランスがクル!?

Tracklisting:
A. Like A Puppet On A String ;)
B. Caspar's Ghost
関連記事

コメント

Casper Poundの死因は脳内の癌ですよ。
  • [2008/08/11 01:52]
  • |
  • NOW!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> NOW!さん

直接の死因は、ですよね・・・。
  • [2008/08/11 23:28]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1000-7b96d9e8