20世紀少年 第1章 (監督:堤幸彦/2008) 

映画「20世紀少年」オフィシャル・サイト >>

当blogでも単行本が出る度(?)に取り上げていた浦沢直樹&長崎尚志による同名原作漫画の実写映画化。原作は、かねてより映像化は非常に困難と言われ続けていただけに、どのような作品に仕上がったのか、非常に興味深かったのであります。

原作付きの作品を映像化した場合、原作を知っているひととそうでないひととの間で評価が分かれるのは当たり前で、また、原作を知っているひとを対象に作るのか、それとも知らないひとを対象に作るのかによって、映画の性質も大きく変わってくると思うのですが、この映画は、原作のキャラクターデザインを大いに尊重したキャスティングからも分かるように、原作の持つ世界観を非常に大事に扱っていて、明らかに原作を知っているひとに向けて作られているようです。
それでいつつも、映画独自の脚本構成の組み直しが行われていたり、原作では膨大な伏線の一部であるかのように描いていたものの結局最後まで回収されなかった思わせぶりな描写の数々が省かれていたりと、原作を俯瞰しつつ再構築を図っており、原作を知らないひとのために新たな視点を加える努力も感じられます。
ただ、努力は認めるものの、時間というどうしようもない制約からはやはり逃れられなかったのか、まるでダイジェスト版を延々観ているかのような錯覚に陥りそうなほど、ストーリーが詰め込まれていて、かといってテンポが良い、進行にメリハリがある、というわけでもないしなぁ。
あと、子どもケンヂの子役も、おとなケンヂの唐沢君も、あんまり芝居が上手じゃないのは結構致命的のような気ガス・・・。

と、色々書きましたが、それでも充分面白かった。原作を知らないひとはどのような感想を持つのかも知りたいところ。第2章、第3章も本当に楽しみであります。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1021-4492acb3