Acid Junkies - Crane Dance EP (AJ Records/2008) 

Acid Junkies - Crane Dance EP
Label: AJ Records (AJR0801)
Format: MP3
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
今日の昼過ぎに銀行のキャッシュカードを落としたことを、銀行からの電話で知りました。まぁ何事もなかったので良かったですが。今日ATMで入金したときに落としたのだろうけど、どういう状況で落としたのかさっぱりわからない。僕が落とし物するなんて、10年以上前に家の鍵とバイクの鍵をキーホルダーごとなくして以来だ。何か気がゆるんでるのかしら。いかんいかん。

DJ Mizutaさんのblogで面白そうなお題(?)が出されてたので、びんじょってひとつ記事を書いてみます。

DJ MIZUTA:衣食住音 > ABBA - あなたのiPod、1曲目は何? >>

というわけで、僕のiPodではプレイリストに "アーティスト名 - アルバム名" と名前をつけてアルバム単位で検索しやすいように入れているのですが、僕の今のiPodの1曲目はAcid Junkiesのニューシングル(デジタルオンリー)でした。まぁこれで歴史的名盤とか自分クラシックを紹介することができれば、また面白い記事になったんだろうけど(チクショー)。
Acid Junkiesは、Terraceの名義でデトロイト・テクノの影響下にあったインテリジェント・テクノな作風で高い評価を得たStefan Robbersによるプロジェクトで、90年代始め、オランダのDjax-Up-Beatsから、チープでありながらバキバキ、ハードなんだけどどこか可愛らしいというアシッド・テクノをリリースしていたグループです。
ところで、最近はアシッドといっても、ソフトシンセ等を使った、TB-303もしくはそれに似た音色の機材を使用しないものが増えているようです。わかりやすい例だと電気グルーヴの『YELLOW』がそうだと思うのですが、こういった流れは最近のテクノシーンの特徴のひとつかも知れません。
このシングルの1曲目「Chica Go Sexy」もまさにそんなニュースタイルのアシッドハウス。音の組み立てや配置はオールドスクールなシカゴアシッドをトレースしてるだけなのに、使ってる音色が変わるだけでこうも新鮮に聴こえるんですね。
そしてそれ以上に面白いのが2曲目の「Haunted Memories」と3曲目の「Wave Up」。昔BPMの速いテクノをやってたアーティストが、今の時流に合わせてBPMを落としてきた場合、ベクトルとしてミニマルに向くのが趨勢だと思うのですが、彼らの場合はむしろニューエレクトロ方面に軸を合わせた音作りをしているように聴こえる。トラック構成はテクノのそれなんだけど、ニューエレクトロのノリに近い、ちょっとだけディスコでちょっとだけパンクなテクノ。
3曲合わせて、これはなかなか良いシングルだと思います。

Tracklisting:
01. Chica Go Sexy
02. Haunted Memories
03. Wave Up
関連記事

コメント

「Chica Go Sexy」を聴いていると
ベースがTB系(ウニョウニョ&ビキビキ)じゃないので
本当に不思議な感じがしますね。
21世紀にアップデートしたアシッドハウス。
なんだかワクワクします。

Acid Junkiesと言えば、10年以上前にリリースした
ジャケがTB-303を模した12インチを思い出します。
厚紙を2枚張り合わせただけで底が抜けているという
摩訶不思議な構造(笑)
  • [2008/12/03 20:54]
  • |
  • koh
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> kohさん

ありましたね!
あれ、組み立てたらTB-303の模型になるんでしたっけ。

個人的には電気のアルバムで開眼した(耳が追いついた)ニュースタイル・アシッド、これからしばらく注目です。
  • [2008/12/03 21:13]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

通常だと303はクォンタイズの選択ができない(平たく言うとスゥイング、シャッフルグルーヴでパターンが組めない)ので、アシッド的な要素を持ちつつ今のミニマル的なグルーヴの時流に合わせようとすると、おのずと303を使うっていう選択肢がなくなってくるんじゃないかと想像します。

いくつかある裏技を使ったり、303に改造を加える事で技術的には可能になるんですが、現状では知る人ぞ知るといった感じで、あくまでディープな303マニアが試みる程度、実際にトラックメイカーでそんな事をやって作品に採り入れてる人達は、現役の303使いでもハードフロア意外ほぼ皆無です。

その辺の技術的なハードルをさらに乗り越えていくと、ニュースタイル・アシッドのさらにニュースタイルっていうのが開けてくるんじゃないかなと思ってます。

別の意味で最近のCEEPHAXやKETTELなんかも超人的な303の打ち込みを披露してますね。
  • [2008/12/06 14:24]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

なるほど、今のミニマル全盛のテクノシーンにおいては、TB-303は相当のスキルがないと使いにくいということですか。

Ceephax、Cylob、DMX Krew、Luke Vibertあたりのアシッドは面白いですね。
現在のフロア・テクノとはまた別の進化の道を歩んでいるように感じます。
  • [2008/12/07 02:04]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1052-e23540f4