Deadbeat - Roots And Wire (Wagon Repair/2008) 

Deadbeat - Roots And Wire
Label: Wagon Repair (WAG 046CD)
Format: CD/MP3
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
帰国後16時間寝た後40時間起きていたりした時差ボケも元に戻りつつある。ちょっとさみしいな・・・。

これも持ってたけど聴いてなかった1枚。色んな方から非常に高い評価を得ているアルバムのようですね。
Wagon Repairからのリリース、そしてBasic Channelフォロワーのミニマル・ダブだなんて紹介をあちこちで見かけたので、あぁ凡百のエコーがキツめにかかったダビーなミニマル・テクノなのね、と惑わされていたDeadbeatことカナダの(現在はベルリン在住)Scott Monteithによる7枚目のアルバム。まぁこのひとのことは特に知らなかったんだけど、なかなか多作な方なんですね。今まではPoleの~scapeからのリリースが多かったようです。
ひと通り聴いた感想。いや、これはBasic Channelフォロワーではなくて、Rhythm & Soundフォロワーと呼ぶべきでしょう。単なるダビー、とかじゃなくて、これは完全なるダブ。
2曲でPaul St. Hilaire (aka Tikiman) が参加しているのにも萌えるが、とにかくほとんどダブステップかのように乾いた抜けの良いスネアの音響が気持ち良すぐる。4つ打ちのミニマル・ライクなダンストラックも存在するが、それらも含めて、僕はダブとして聴きたい。Rhythm & Soundファンにはもちろん、レゲエ/ダブ好きの向きにもオススメ。

Roots and WireRoots and Wire
(2008/10/28)
Deadbeat

商品詳細を見る
ROOTS AND WIREROOTS AND WIRE
(2008/10/04)
デットビートポール・セント・イレール

商品詳細を見る
Tracklisting:
01. Rise Again (feat. Paul St. Hilaire)
02. Roots And Wire
03. Grounation (Berghain Drum Jack)
04. Xberg Ghosts
05. Deep Structure
06. Night Stepping
07. Sun People (Dub Divisionaire)
08. Babylon Correction (feat. Paul St. Hilaire)
関連記事

コメント

わたしもとても気になってて、でも放置中のアルバムなのです。好きに違いない感じがするので、早めにチェックしたいです!
  • [2009/01/10 10:11]
  • |
  • hanae
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

また wagon repair!

私はこのアルバムに至っては、買ってさえいないんですよね。ぼやぼやしてる間にアナログ売り切れちゃったんですもん。

このアルバムに関しては聴いてないので何ともいえないんですけど、彼に関してはミニマル・ダブだけではなく、ルーツ・レゲエやダブに関しても深く聴いているというのが強いんじゃないでしょうか(過去の来日ではダンス・ホールだけのDJとかもやってますし)。だから彼は最近のダブステップやデジタル・ダンスホールとの共振に無理がない、非常にバランス感覚に優れた作品を作れるのかなと。
そういった進歩的な面も含めて、個人的にはミニマル・ダブの最重要人物は、echospace なんかじゃなく彼だと思っています。

まぁそれだけ評価してるのなら、さっさとアルバム買えよって話なんですけどね。すいません。
  • [2009/01/10 10:55]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> hanaeさん

たぶんこれはhanaeさんは好きに違いないです。
乾いた感じがすごく気持ち良いです。
  • [2009/01/11 03:20]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん

まぁWagon Repair 3連チャンはないのでお許しください(笑)

なるほど、確かにレゲエから来ているひとっぽい音作りですよね。
ダンスホール・オンリーのDJって聴いてみたかったな。

ところで "デジタル・ダンスホール" ってどんな音なんでしょうか。
スレンテンみたいなものかな?
  • [2009/01/11 03:25]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

私は逆にスレンテンがよく分からないのですが、
デジタル・ダンスホールは、ダブ・ステップの次に来る音としてちょっと話題になったんですよね。
代表的なアーティストは Ghislain Pirier なんですけど、彼に続く人がいなかったせいか、尻すぼみになっちゃってるのが残念です。

deadbeat の前作はダンスホール回帰した結果、デジタル・ダンスホールな音だったんですけど、今作はソレを経てのテクノ回帰な作品なのかなと思ってます。

まぁ聴いてないんで全部想像ですが。
  • [2009/01/11 20:34]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん

スレンテンって、レゲエのどチープなリディムで、カシオトーンか何か1台で作ったやつですね。
ボフボフいう感じはダブステップの一部にも継承されているように思います。

今作も、shooterさんが想像されるほどテクノ回帰な音ではないと思いますよ。
音響的にはダブステップに近い感覚があります。
あ、もしかしてその辺りがデジタル・ダンスホールなのかしら。
  • [2009/01/13 01:33]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

このジャケ、テープエコーの中身がモチーフなんですね。

テープエコーの上のフタをあけると、
中でエンドレスでこういうのがウネウネ動いてるんです。
  • [2009/01/16 16:43]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

まさにダブですね。
得心。
  • [2009/01/17 00:58]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1081-2c37b2a7