Carl Craig & Moritz von Oswald - ReComposed (Grammophon/2008) 

Carl Craig & Moritz von Oswald - ReComposed
Label: Deutsche Grammophon / Universal Music Classics & Jazz (476 6912 / 00289 4766912 8 )
Format: CD/MP3
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
円高は実はニホン人を豊かにするのだから、みんなもっと待望すべき(だって輸入盤とか安くなってるでしょ)。ただし外需依存型経済から脱却して内需経済に移行しなければね。

はい、持ってたけど聴いてなかったシリーズ。
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏による、ラヴェル「ボレロ」(1985)、「スペイン狂詩曲」(1987)、ムソルグスキー「展覧会の絵」(ラヴェルの編曲)(1986) を、Carl CraigとMoritz von Oswaldが再編曲して、グラモフォンからリリースされた昨年の話題盤。
テクノ・ミュージックを前進・発展させようとするときに異種交配はひとつの手ではあるけれど、その相手がクラシック音楽やオーケストラであるというのは、発想としてちょっと安直に過ぎるのは否めないし、録音音源を解体・再構築するという手法も、ことさら革新的なわけではない。
ときびしいめに書いたのは、これをやっているのがテクノの前衛と言って良い2人の手によるものであるからで、そのことから逆に、この作品からは、力むことのない、ちょっとしたお遊びに興じるような2人の姿が感じ取れる。
そんな中でも、浮遊感のあるエフェクトやプログレッシヴなシンセ・サウンドにより、まごうことなきテクノ・ミュージックの前衛を更新しているのは、彼らのヴェテランならではのスキルの賜物。Villalobos「Fizheuer Zieheuer」(過去レビュー >>)あたりの影響を感じる音の構築方法もさることながら。この音楽をダンス・ミュージックか否かという問答は無意味であり、この音楽はまっことテクノでありエレクトロニック・ミュージックであると思うのです。
個人的にラヴェルの「ボレロ」は大好きなのですが、僕のいちばん好きなスネアの叩き込みがフィーチュアされている反面、有名なメロディをあえて使っていないあたりも得点高い。

Recomposed by Carl Craig & Moritz von OswaldRecomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald
(2008/11/04)
Carl Craig

商品詳細を見る
Recomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald [12 inch Analog]Recomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald [12 inch Analog]
(2008/11/24)
Carl Craig

商品詳細を見る
Tracklisting:
01. Intro
02. Movement 1
03. Movement 2
04. Movement 3
05. Movement 4
06. Interlude
07. Movement 5
08. Movement 6
関連記事

コメント

これ、どっちが主導権をにぎってたんだろうってのが気になりますね。
リリース元がグラモフォンなので、クラシックサイドが主導権をもってたのかなあ。
それによって、音楽的な評価って変わるような気がします。
あと、選曲が何気にロック文脈でわりと使われてきた曲をチョイスしているのが面白いですね。
これも意図的なものなんですかね。
  • [2009/01/29 10:14]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

そうそう、それは思います。
これがもしグラモフォン側からの企画だったとしたら、今後も面白いことが起こるんじゃないかと。

選曲は多分この2人によるものなんでしょうね。
ベタすぎるもん(笑)
  • [2009/01/29 10:38]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

今更なコメントやねんけど、ほんま詳しいなぁ~ジブン。
92%何書いてるか読解出来んもん。アハハハハ


  • [2009/01/30 01:03]
  • |
  • lunemusique
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

嫌いじゃないけど中途半端なとこもあるなあ…と。
それはやっぱり2人に期待し過ぎてるからなんでしょうかねえ。
  • [2009/01/30 23:59]
  • |
  • NOW!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> lunemusiqueさん

いや、他人が読んで理解出来ないような文しか書けていないってことは、詳しくも何ともないということです。
反省。
  • [2009/01/31 01:16]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> NOW!さん

確かに僕も2人には期待しすぎました。
  • [2009/01/31 01:22]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

自分は二人のチャレンジ精神を感じましたね。
こんなにベタな選曲、ぼろぼろに叩かれて当然ですからねぇ(笑)

「ボレロ」については全く同感です。あのフレーズをあえて使わないところが良いですね。
  • [2009/01/31 17:26]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2

僕はテクノ方面からの意見しかチェックしていないので、ぼろぼろに叩かれているのは目にしていないんですけど、この作品がクラシック方面からどのような評価を受けているのか気になるところです。
  • [2009/02/01 12:46]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1087-71524a9e

Recomposed By Carl Craig & Moritz von Oswald (Universal Music Classics & Jazz:00289 4766912 8)

Amazonで詳しく見る 限りなく奇跡に近い夢の競演。デトロイトテクノの至宝・Carl Craigと、ベルリンミニマルダブの最高峰・Moritz von Oswald(From Basic Channel)が手を組んだ。彼等が題材にしたのはクラシック。Herbert von Karajan指揮、ベルリン・フィルハーモニー管...
  • [2009/01/29 21:37]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲

Recomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald

この間、東京タワーが開業50周年を迎えたじゃないすか。ナニゲに東京タワー好きなんすよ、自分。mixiの写真も東京タワーだし(でもmixiに記事を直接書き込むことは殆どやってない)。で、富士山も大好きなんすよ、自分。あんなに綺麗な形をした高い山って、世界的に珍しい...
  • [2009/02/08 10:05]
  • URL |
  • Yokohama Beat Junkie |
  • TOP ▲