20世紀少年 第2章 最後の希望 (監督:堤幸彦/2009) 

映画「20世紀少年」オフィシャル・サイト >>

映画『20世紀少年』三部作の2作目。
大まかなストーリーは原作通りではあるものの、結構な部分で改変が見られた。
映画は原作の5巻2014年から(2/17追記 原作では第2部の舞台は "血の大みそか" から14年後の2014年ですが、映画版では "血の大みそか" から15年後の2015年という設定なんですね。このあたりの細かい改変は果たして第3部に関わってくるのでしょうか)、15巻の人類滅亡、そしてともだち歴3年の矢吹丈登場シーンまで。
1作目同様、ある程度原作を読み込んでいないと理解の難しそうな、スピーディーで詰め込み過ぎのストーリー展開。しかし原作エピソードの大幅なカットや改編については、実はほぼ意図的なものである可能性が高いことを、今回初めて感じた。

つまり。

ともだちの正体は原作と違うんじゃ?
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1097-f98cac64