布袋寅泰 - GUITARHYTHM V (EMI Music Japan/2009) 

布袋寅泰 - GUITARHYTHM V
Label: EMI Music Japan (TOCT-26795)
Format: CD/MP3
Released: 2009
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
かつて布袋自身ライフワークにしたいと語っていたGUITARHYTHMシリーズは、BOØWY解散後の1988年、今から21年前にスタート。ロンドン・レコーディングのソロ1stアルバム『GUITARHYTHM』は、全曲英詞のエレクトリックなダンスミュージックの手法を用いたロック、つまりイギリス発マッドチェスター・ムーヴメントの同時代性を色濃く感じさせるものであり、同時にニホンのロックの可能性の拡張を計った実に野心的なアルバムであったと思います。しかし残念ながら商業的な成功には結びつかず、翌年からは吉川晃司をヴォーカリストに迎えたCOMPLEXの活動にその主軸を移すこととなります。
約2年間のCOMPLEXでの活動を経て(僕がリアルタイムで聴き始めたのはここから)、1991年、ニホン語詞のシングル「Beat Emotion」とアルバム『GUITARHYTHM II』によってGUITARHYTHMシリーズを再開。活動を徐々にマスへと向けながら、1994年の『GUITARHYTHM IV』と翌年のベスト・アルバム・リリースまでGUITARHYTHMシリーズは続けられ、商業路線に転換したシングル「Poison」以降、世間の認知度も格段と増すことになりました。
また、GUITARHYTHMの時代は布袋がNHK FMで『ミュージック・スクエア』のパーソナリティーをやっていた時代でもあり、個人的に、色んな音楽をこのラジオで知ることが出来たことを幸運に思います。

今年、15年振りとなるGUITARHYTHMシリーズの最新作『GUITARHYTHM V』が届けられました。まさかこの時代にGUITARHYTHMシリーズが再開するなんて! UNICORNの再結成と言い、世の中まだまだ何が起こるかわかりませんな。しかもラジオ『ミュージック・スクエア』も復活! 月刊カドカワのページでストリーミングで聴くことが出来ますよ(ミュージック・スクエア・リターンズ >>)。
基本姿勢はエレクトリック・ギターとエレクトリック・ミュージックの融合。昔といささかも変わっていません。
しかし大沢伸一、Jazztronik、DJ Fumiya (Rip Slyme)、Kreva、會田茂一といった国内の現役アーティスト/プロデューサーの手を借りていることにより、もはや布袋にリアルなアンテナは存在しないのだと思ってしまった(アンテナじゃないけど、ジャケの立てた髪もヅラでしょ?)。かつてのGUITARHYTHMは、ロックの未来を切り開こうとする野心と試行錯誤そのものであったはずなのに。
それでも良い曲はいくつもあるし、エキサイティングなプロダクションと布袋のギターのぶつかり合いにはシヴィレる。47歳でこんなアルバム作れるんだから、ロックンロールはやはり不良少年のためのものなのだ。
そして『GUITARHYTHM VI』に続きそうなニュアンスを含み持たせながら、アルバムは幕を閉じる。

なお、GUITARHYTHMシリーズの再開に関してはオフィシャルサイトで布袋自身の文章が公開されています。これはカッコ良すぎるので是非読んでほしい。
GUITARHYTHM RETURNS >>
ロックンロールの旅路はまだまだ続くのだ。

GUITARHYTHM VGUITARHYTHM V
(2009/02/18)
布袋寅泰

商品詳細を見る
GUITARHYTHM BOXGUITARHYTHM BOX
(2008/12/24)
布袋寅泰

商品詳細を見る
Tracklisting:
01. GUITARHYTHM RETURNES
02. INTRO ~Welcome to G.V~
03. DECALOGUE
04. SCIENCE KILLED THE FUTURE
05. SUNSHINE OF YOUR LOVE
06. 風の銀河へ
07. TiC TaC
08. VICIOUS BEAT CLASHERS
09. OPUS
10. BEAUTIFUL MONSTERS featuring LOVE
11. アストロノーツ
12. PSYCHO DISCO
13. COSMIC PIRATES
14. 天空のDIVA
15. APPLES
16. NO TURNING BACK
17. OUTRO ~To be continued~
関連記事

コメント

こんばんは。以前BOØWYの記事の時も書き込みさせて頂いた赤い惑星です。
このアルバム、ぶっちゃけ買ってないんですが(爆)、つい最近NHKの番組(今井寿等とセッションしてました)に出てた時にかかった福富幸宏氏との楽曲が、アシュラとかスティーブ・ヒレッジみたいだなぁと思いました。正直、その手のギタリスト達の影響を受けていたという印象が全く無かったので結構驚きました。

最近ようつべとかでBOØWY等のライブ映像を見るのですが、パンク、ニューウェーブに加えて思った以上にファンクの影響が強いんだなと思いました。特にアコギライブで海外のミュージシャンとやった「BAD FEELING」が凄くファンキーで、オリジナルよりも好きです。
  • [2009/03/22 22:27]
  • |
  • 赤い惑星
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> 赤い惑星さん

こんばんは。書き込みありがとうございます。

> パンク、ニューウェーブに加えて思った以上にファンクの影響が強いんだなと思いました

その指摘は鋭いですね。
当時の "BOØWY以降" のバンドの大半がダメなのは、そこに気付くことのなかったせいかも知れませんね。
  • [2009/03/23 23:46]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

「BATTLE ROYAL MIXES」というリミックス盤で中原昌也がヘア・スタイリスティックス名義でリミックスしてるんですけど、これが悪意に満ち満ちたとんでもない仕上がりでした。

恐らく中原作品の中ではベストかも。

布袋さん御本人どう思ってるのか不思議ですが
オフィシャルでこれをリリースする懐の広さは素晴らしいなぁと思いました。
  • [2009/04/01 19:54]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

そのリミックスは聴いたことがないんですけど、聴いてみたいですね。
今でも手に入るのかしら。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005GL9W?ie=UTF8&tag=acidoverthera-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00005GL9W

コレですかね?
  • [2009/04/04 00:02]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1115-a83c8546

【音楽】布袋寅泰がイギリスへの移住を決意 「人生は挑戦です」

1 :天使のかけらφ ★:2012/05/08(火) 14:05:01.10 ID:???0 布袋寅泰が今年の夏にイギリスに移住することを発表した。昨年アーティスト活動30周年を迎え、1年間にわたって数々のメモリアルなライブを展開して...
  • [2012/05/08 20:03]
  • URL |
  • 芸能スポまとめっくす |
  • TOP ▲