The Prodigy - Invaders Must Die (Take Me To The Hospital/2009) 

The Prodigy - Invaders Must Die
Label: Take Me To The Hospital (HOSPCD001)
Format: CD/MP3
Released: 2009
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
フィギュアスケートの世界選手権("世界フィギュア" なんて呼ぶもんか)、男子は黒トッポ(エヴァン・ライサチェック)が世界チャンピオンに! ライサチェックを初めて見たのは2005年のNHK杯なのですが、ちょっと感慨深かったり。
殿(織田信成)はまたもザヤック・ルールに引っかかって、最後の3連続のコンビネーションがノーカンに! これがなかったら表彰台に食い込んでたかも。今回は本当に惜しすぎる。わが家では殿に対して "ノーカン王子" の称号が与えられました(笑)

Prodigyの5thアルバム。5年前の前作『Always Outnumbered, Never Outgunned』(過去レビュー >>)は聴いた当時ピンと来なくて、そのまま自分の中で埋もれていたのだけれど、少し前に聴き返してみたら結構良かった。ま、それでも地味だからなのか(Prodigyの作品の中では)、印象は薄いけど。
今作はまるでハードロックのようなタイトで音圧のあるドラムが先ずカッコ良くて、そしてテクノ(レイヴやエレクトロ等々)のエッセンスをわかりやすく翻訳した記号が随所に埋め込まれていて、ロックの持つダイナミズムとテクノの持つ陶酔感と高揚感が凶暴に合致している。
往年のレイヴ風のシンセやサンプリングがガンガン聴けるのも嬉しく、意外だった。特にOutlander「Vamp」やTrue Faith「Take Me Away」なんかが飛び出してしまうともう思わずニヤリ 遂にオリジナル・レイヴ世代がレイヴ・リヴァイヴァルに参加ですか!
Prodigyはガラパゴス諸島みたいなもんだと思うのです。セカンド・サマー・オブ・ラヴ期のレイヴ音楽をこんな形に発展させたヤツらは他にいないもの。孤高の存在であるが故に独自の進化を遂げたバンド、それがProdigy。
テクノ・ヘッズはProdigyの復活を素直に喜びましょう。ヤツらは帰って来た。

Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/02/23)
The Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/02/23)
The Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must Die: Deluxe Box Set Edition/+DVD/+5x7Invaders Must Die: Deluxe Box Set Edition/+DVD/+5x7"
(2009/02/23)
Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must Die [12 inch Analog]Invaders Must Die [12 inch Analog]
(2009/02/23)
Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/03/03)
The Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must Die [Analog]Invaders Must Die [Analog]
(2009/03/10)
The Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/03/31)
Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/03/03)
Prodigy

商品詳細を見る
Invaders Must DieInvaders Must Die
(2009/03/03)
The Prodigy

商品詳細を見る
インヴェイダーズ・マスト・ダイ(期間限定盤)インヴェイダーズ・マスト・ダイ(期間限定盤)
(2009/02/18)
ザ・プロディジー

商品詳細を見る
インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)
(2009/02/18)
ザ・プロディジー

商品詳細を見る
Tracklisting:
01. Invaders Must Die
02. Omen
03. Thunder
04. Colours
05. Take Me To The Hospital
06. Warrior's Dance
07. Run With The Wolves
08. Omen Reprise
09. World's On Fire
10. Piranha
11. Stand Up
関連記事

コメント

音の選び方がレイヴ!って感じで懐かしい~。
303オタクのHARDFLOORみたく、このまま孤高のレイヴァーのまま
突っ走っていって欲しいです。
  • [2009/03/28 16:42]
  • |
  • koh
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

もう「お帰りなさい!」と抱きしめてやりましたよ。
それにしても前作は蟹だと思ってしまうのはなぜだ!?
実は前作ってよく出来てるんですよね。ただ本当、地味なのが…。
いやー、今回の曲メインならライブ見たいですね!
  • [2009/03/28 22:27]
  • |
  • NOW!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

「盤が磨り減るほど」聴いてます。

一昔前の言い方なら
まあ、CDなので何回聴いても磨り減りませんが。

そう、もっとも初期Prodigyと違う点と言えば、CDやmp3に適したマスタリングだと思うんです。言い換えれば、ニューレイヴ、ニューエレクトロとミックスされる事を想定したような。ま、僕がCDで購入したからそう思っちゃうのかもしれませんが、もし横にアナログ盤が並んでいても、僕はCDを選んだと思います。
  • [2009/03/29 09:53]
  • |
  • mizuta
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> kohさん

いくら世の中レイヴ・リヴァイヴァルで盛り上がってても(盛り上がってるのか?)、オリジネーターにこんな音出された日にゃあたまったものじゃありません。
  • [2009/03/30 00:08]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> NOW!さん

僕も一瞬「蟹から何年振りだっけ?」と思いました。
前作は本当に印象薄くて・・・。

Prodigyは一度もライヴ観たことないので、今回のアルバムからの曲メインじゃなくても見たいです。
  • [2009/03/30 00:13]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mizutaさん

僕もiPodでMP3のファイルが磨り減るほど聴いていますよ(笑)

なるほど、マスタリングまでキチンと考えられて同時代性を持った音楽になってるんですね。
僕は今回のアルバムは、蟹アルバム以降のファンも、それ以前のファンも、両方が評価するであろうとんでもないアルバムだなぁと思います。
  • [2009/03/30 00:22]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Prodigy!!!
いちばん最初に興味を持った「洋楽」かもしれません。
例によって卓球さんがラジオでかけてた「Everybody in the Place」。
これと猛毒の「サイバー長介」はホント衝撃で、サンプリング、あるいはサンプラーという楽器の面白さというのをまさに思い知った次第です。
CDをどこかで買えないものかとあちこち探し回ったものです。
結局手に入りませんでしたが。
  • [2009/04/01 20:13]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

猛毒は僕も大好きですよ。
殺害塩化ビニールの作品は、昔は大阪だとアメ村界隈とかで普通に買えましたけど、最近は買えなさそうですね。

猛毒はベスト盤が出てるのですが僕も持ってません(殺害塩化ビニールのオフィシャルでも買えなさそうです)。
根気よく探してみて下さい!
  • [2009/04/04 00:23]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1118-ee6728c1