Drexciya - The Journey Home (Warp/1995) 

Drexciya - The Journey Home
Label: Warp Records (WAP 57 CD)
Format: CD/FLAC
Released: 1995
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
『北河内でキキました』最終回以上にショックだったのが『京美の韓国リポート』の最終回。めっちゃ楽しみにしてたのになぁ(どちらもケーブルテレビの超ローカル番組です)。それにしても、8年も続いた長寿番組だとは知らなんだ。これから僕らは一体どこから韓国情報を仕入れたらいいのさっ?

今年はシェフィールドのWarp Records 20周年記念だということで企画やら再発やらいくつかあるようなんですが、個人的にWarpの二大奇跡と信じてやまないのが、Joey Beltram『The Caliber EP』(過去レビュー >>)と、このDrexciya『The Journey Home』の2枚のシングルであります。
Drexciyaは故James StinsonとGerald Donaldによる、デトロイトのUR出身のユニット。ブラック・アメリカンの持つ歴史的背景をルーツに、ダークかつハードなエレクトロ・トラックで人気を博したわけですが、本作はWarpから何故か1枚だけ発表されたシングル。
この作品の価値は、ダークでアシッドなリフにデトロイト印の美しいシンセが交錯する素晴らしく疾走感のあるハードテクノの傑作「Black Sea」に尽きます。この曲はDrexciya関連の数ある作品の中でも最高傑作の部類に入ると思います。
それにしても、以前だと入手困難なままだった作品がいとも簡単にお手軽にデータで手に入るなんて、いつの間にか世界は変わったんだな。いいことなのか悪いことなのかはわかりませんが。

The Journey Home EpThe Journey Home Ep
(1995/02/01)
Drexciya

商品詳細を見る
Journey Home [12 inch Analog]Journey Home [12 inch Analog]
(1995/02/01)
Drexciya

商品詳細を見る
Tracklisting:
01. Black Sea
02. Darthouven Fish Men
03. Hydro Theory
04. Journey Home
関連記事

コメント

PCで再生して聞くと、スピーカーがバフバフ
(パフパフにあらずw)震えます。
音圧は高いし、素っ頓狂なシンセ音が入っているし
WARPの中でも異色ですね。
リズムの組み立て方も、すごくセンスがいい。
  • [2009/04/01 21:28]
  • |
  • koh
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

お、WARPのダンス物再発!こりゃめでたいすなあ。どっちもアナログしか持ってないんでデータを買おうかなあと考えつつも、なんか無駄遣いになっちゃうかなあって、貧乏は辛い!

しかしMBSラジオの番組が終わり過ぎて悲しいです。特にゴー傑P。あと大阪の友達はサイキッカー多数なので皆へこんでます。
  • [2009/04/02 15:33]
  • |
  • NOW!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

これは名作ですねぇ!
  • [2009/04/02 21:32]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> kohさん

Drexciyaの初期の作品はとにかくどれも荒々しくてカッコイイんで、是非聴いてみて下さい。
  • [2009/04/04 00:27]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> NOW!さん

あ、また誤解を呼ぶ書き方しちゃった!
DrexciyaもBeltramも、今のところ再発のリストには入っていないみたいです。残念。
まぁWarpの作品は今はいつでもBleepでデータで買えますからねぇ。

僕は "元" サイキッカーなのでそんなにへこんでませんが、昔は学園祭やサイン会にも通ってましたよ。
  • [2009/04/04 00:34]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2さん

本当に!
  • [2009/04/04 00:36]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

初期Drexciya、
URから出してた頃の作品も良いですが
特にこの作品はほんと素晴らしい。

この作品は初期Drexciyaの中でもちょっと毛色が違いますよね。

リズムが909の割と加工のされてない生音で、なおかつ四つ打ちが前面にでてたり。
そのあたり、シンセワークとは別の意味で、いかにもデトロイト的ですね。
ジェフがDJのときに合間に鳴らす909のソロプレイに近いノリを感じます。

おなじ909なのに、連中が鳴らすのと、我々日本人が鳴らすのとでは、
明らかに結果に差があるのが不思議。日本製なのに。
誰でもすぐ同じように鳴らせるわけじゃなく
正真正銘「楽器」なんですよね。

サイキックの終了劇、実は結構ややこしい事になってるみたいですね。
僕も神大の学園祭や旭屋のサイン会行ってましたよ。
  • [2009/04/16 23:41]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

生の909の荒々しい音圧やら、本当にカッコイイです。

> おなじ909なのに、連中が鳴らすのと、我々日本人が鳴らすのとでは、
> 明らかに結果に差があるのが不思議。日本製なのに。
> 誰でもすぐ同じように鳴らせるわけじゃなく
> 正真正銘「楽器」なんですよね。

不思議ですが、その通りですね。
テクニックとセンスの双方が必要とされるということでしょう。
  • [2009/04/18 15:30]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1123-062a7688