20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (監督:堤幸彦/2009) 

20th.jpg
映画「20世紀少年」オフィシャル・サイト >>

公開前から原作とは違うラストであることが大々的にリークされていた『20世紀少年』の完結編。
(注意:以下の記事には物語の核心に触れる部分が含まれます。)

まず、原作では消化不良気味だった "ともだち" =カツマタ君という真相を、フクベエとカツマタ君の関係、そしてカツマタ君が生きていることの説明が比較的破綻なく描いている部分を大いに評価したい。ラストのラストも、原作で描こうとしたことを大衆的にわかりやすく翻訳出来てるのではないかと。
一瞬、すわヨシツネがともだちか!?、と思わせる演出も悪くなかった。ただ反面、ヨシツネとカツマタ君の関係の描き込みが少し足らなかったかな。
そしてUFOとロボットのシーンから音楽フェスのシーンにかけては、そのリアリティのなさに辟易としてしまったよ(相方からは露骨に欠伸が)。
まぁ原作が原作なだけに、映画スタッフはよく頑張ったのではないかと、ファンの贔屓目でそのように評価したい。あと、出演陣の無駄な豪華さには3作ともに笑わせてもらいました。
1、2作と、もういちど見直すとまた細かいところが色々と見えてきそうです(グラウンド・ゼロの犠牲者の石碑の中に長崎尚志の名前が刻まれていたり、春波夫の車のナンバーが "8686" =ハロハロだったり、そういうネタ的な部分も含めて・笑)。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1213-8a362b47