【ビール】 京の地ビール 周山街道をゆくのむ味わう ヴァイツェンマイルド 

プルシェンコにしてもランビエールにしても現役復帰は嬉しいのだけれど(とくにランビエール)、彼らが休んでいる間ジュベールは何をやっとったんだとみんなに思われかねないよなぁ、と先日の欧州選手権の結果を見て思ってしまうびびんばでした。バンクーバーではプルシェンコの鼻をあかす選手が出て来ると面白いのだけれど(無理だろうなぁ・・・)。(注:フィギュアの話題です。)

頂き物のため詳しいことはわからず、ネット上にも詳しいデータは見つかりませんでしたが、名前からしてどうやら京都のヴァイツェンらしいです。こんもりとしたクリーミィな泡がいかにも旨そうで、色はヴァイツェンにしてはやや濃いめ。
ヴァイツェンならではの小麦由来のバナナっぽい甘みも感じられるけれども、それ以上に前面に押し寄せて来るのがスパイシーで重厚なコク。とにかく濃い! そして重たい! こんなヘヴィなヴァイツェンってなかなかないよなぁ。やすりん、ごちそうさまでした!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1262-05c7d80b