【ビール】 サントリー 余韻の贅沢 

そういや「半年以内には絶対に出る。」って言ってたまりんのフル・アルバムは一体どーなったのでしょーか?

"琥珀の贅沢" "絹の贅沢" に続くサントリーの新ジャンル贅沢シリーズ(?)第3弾です。見ての通りアンバー系。ドイツビールのボックなんかを意識した新ジャンルなのかしら。このシリーズは基本的に好きなので期待を込めて頂きます。
う~ん、濃いぃ。そして甘い。アルコール度数7%だそうだが、僕の苦手な強いアルコール感はあまり感じなくて飲みやすく、まさに余韻に浸れるビール(じゃないけど)だと思います。値段(6缶パックで600円台)を考えると恐ろしいものがありますな。
関連記事

コメント

まりんは体を壊しちゃうくらいに音に拘る人だから、
リリースが延び延びになっているのかも。
そんな職人気質なところが、私は好きです。
  • [2010/12/06 20:22]
  • |
  • koh
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> kohさん

そりゃわかってるんですけど、なら言わないでってことです。
インタビューでは野田さんも、そんなこと言っちゃっていいの?、的なニュアンスだったし。
  • [2010/12/07 19:39]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1388-0b1f17c1