M:I:5 (Wolfgang Voigt) [deep minimal] 

M:I:5 - Maßstab 1:5 (Profan/1997)

ウォルフガング・フォイトの数ある名義の中でも、最も実験的なダンストラック(ここ重要!)を作るのがこのM:I:5。
出た当時は、「こんな音楽需要ないよな。」などと思ったものですが、クリック/ミニマルが一大潮流となったイマの耳で聞くと、意外とすんなり聴けたことに驚きです。
時代の流れって恐ろしいですね!

ある程度でかい音で聴かないとわかりませんが、必要以上にレヴェルの上げられたベースが、チキチキとジャストなグルーヴのリズムを打ち消すぐらいブイブイ鳴ってます。
かと言っても、ハードな訳では全くなく、あくまでディープで密室的な音楽です。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/140-4bb07890