ele-king vol.1 (メディア総合研究所/2011) 

『ele-king』は世界初のテクノミュージック専門誌として1995年1月に創刊した雑誌である。創刊号(第00号)は12インチレコードのジャケットサイズという不定形な大判の判型で、表紙を飾ったのはDerrick Mayとケンイシイの2人だった。第34号をもって休刊する2000年12月までの間に3回も判型を変えながら、その取り上げる対象は徐々にクラブミュージックを中心とするユースカルチャー全般に広がっていた。
2010年1月に、まだ放送開始前だったDommuneのサイト内にウェブ版ele-kingが復活し、そして今回の紙媒体での復刊、である。ウェブ版の内容がかなり充実していたので、ことさらフィジカルリリースが必要だとは個人的には思えなかったが、まぁいろいろ理由もあるのだろう(というよりも、ウェブ版自体が紙媒体での出版のための助走だったのかも)。こうして10年振りに、紙の雑誌の『ele-king』がさらに判型が小さくなって手元に届いたことは、ともかく喜ばしいことである(ただし復刊というからにはvol.1ではなくvol.35という表記にしてほしかった)。
まぁさすがに内容のほうはクラブミュージックとの関わりがさらに薄くなってしまっており(とは言ってもSeefeelのインタビューやダブステップ特集、ウェブ版に掲載されたディスクレビューの再録などはその存在感を未だ発揮しているが)、誌面の雰囲気としては、まるで最初期の『Quick Japan』や青山正明の『危ない1号』といった90年代のサブカル雑誌のようだわ(話はずれるけど、青山正明って10年前に死んでたのか。さっきWikipedia見るまで知らなかった)。
古本屋のカビ臭さと乾いた精液の匂いがする1冊(これ、一応批判じゃないつもりなんだけど)。

ele-king vol.1ele-king vol.1
(2011/01/18)
不明

商品詳細を見る
関連記事

コメント

興味があるところをパラパラめくって
ようやく半分くらい読み終えました。

野田さんのやや湿り気を帯びた文体が
全然変わっていなくて安心しましたw

初期の頃の面白さは、冒頭に読者の投稿コーナーを
持ってきて、ライターのリプライと共に掲載する
形式を取っていたところですね。

テクノやクラブミュージックに対する剥き出しの
感情がワッと出ていて、非常に読み応えがありました。
  • [2011/02/16 18:18]
  • |
  • koh
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> kohさん

> 冒頭に読者の投稿コーナーを
> 持ってきて、ライターのリプライと共に掲載する

ありましたね。
今思うとオーソドックスな雑誌の作りをしていたんだなぁ。

当時はインターネットもまだ広まっていなかったので、『ele-king』を含むいくつかの雑誌が本当に重要な情報源でした。
  • [2011/02/17 00:17]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

『危ない1号』懐かしいですねぇ!

昨年、村崎百郎さんも亡くなられましたよね…。

  • [2011/02/17 09:25]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

エレキングといえば芝原龍弥のわけわかんないディスクレビューというイメージが強かったのですが、最近名前を見かけないなと思ったらタレントさんになってました
http://www.ankh-ing.com/staff/mo-shibaharatatsuya.html
  • [2011/02/18 12:42]
  • |
  • LEGO CITY
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2さん

あぁ、村崎百郎は殺されてしまいましたね・・・。
青山正明は自殺だというし・・・。
なんだかなぁ・・・。
  • [2011/02/19 12:09]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> LEGO CITYさん

あぁ、これ先日ツイートされてましたね!
正直言って芝原龍弥がどんなレビューを書いてたのか全く記憶にないのですが、名前だけは覚えています。
  • [2011/02/19 12:11]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1420-6dfa7b17