Reinhard Voigt [ambient] 

Reinhard Voigt - Premiere World (Profan/2000)

プロファンの(いまのところ)ラスト・リリースは、ラインハルト・フォイトの本名名義によるゴシック・アンビエント作品集。
シュトゥルムの2ndのようなどんよりとしたダウナー音響ではなく、かと言ってまったり和むにはちょっと重たいかもしれないけど、クラブミュージックとしてのアンビエント = チルアウトミュージックとしては忠実に作られている気がします。
本当はもう少しHapp"E"感が欲しいところですが、フォイト兄弟のアンビエント・アルバムのなかではいちばん好きです。

ラインハルト・フォイトはKron名義のアルバムもザ・モダニストのハーヴェストから出してるんだけど、これは未聴です。
おそらく音響っぽいのをやってるはずなんだけどなあ。
関連記事

コメント

HMVオンラインでようやくゲット。
まさか弟もこんなアンビエントをやってるなんて意外でした。
でも兄のGAS名義に負けない心地良い作品で、是非ともまたこうゆうのを出して欲しいですね。
  • [2007/02/01 23:55]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

おおっ、これ今でも買えるんですね!
昔のProfanやVoigt兄弟周辺には優れた作品が埋もれているので
オススメですよ。
でも出来たら新作が聴きたいなあ・・・。
  • [2007/02/03 00:02]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/149-05ccf057

Reinhard Voigt - Premiere World (Profan:PROFANCD6)

Amazonで詳しく見る実はKompaktのボスはMichael Mayerではなくて、裏番としてケルンミニマリズムの最高峰・Mike InkことWolfgang Voigtがいるらしい。まあ実際そうなんだろう、だってKompaktが軌道に乗ってからはWolfgang Voigtの活動ペースは全くと言って良い程落ちている
  • [2007/02/01 23:09]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲