【ビール】 サントリー ジョッキ黒 

大衆的な第3のビールの中でも、個人的には比較的ジャンクな部類に属すると考えるサントリーのジョッキ生に、限定醸造のシュヴァルツ・ヴァージョンが登場です。
麦とホップ黒(過去記事)と同様に、飲んでみると、シュヴァルツっぽく苦みと甘みのあるコクが感じられ、けれど後味は実にさっぱりとしている。このさっぱり感の中に、若干の水っぽさを感じてしまうのが麦とホップ黒との違い。
まぁ不味かぁないしお安くシュヴァルツ気分を味わえるのはいいんだけど、仮に両方手に入る状況であれば麦とホップ黒を買うわ、僕は。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1504-79464495