VA - Dots And Pearls 

Artist: VA
Title: Dots And Pearls
Label: Cocoon Recordings
Catalog#: CORLP029DIGITAL
Format: MP3
Released: 2011
[試聴]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
独テクノ・シーンを黎明期より支えてきたSven Väthが主宰するテクノ総合レーベルCocoon Recordingsより、クリスマス・コンピレーション(?)がリリースされました。ディジタルとアナログの2種類で、残念ながらCDのリリースは予定されていない。で、このコンピに、ニホン人アーティストjunyamabeのトラックも収録されています。

junyamabeは2002年にmexico名義でFrogman RecordsのサブレーベルUSB (United Sounds Of Blue) からデビュー(あ、来年はデビュー10周年じゃないですか)。これまでにmexicoとして3枚のCDアルバム(過去記事:1st2nd3rd)と2枚の12"シングルを、Jun YamabeとしてEnitokwaとのスプリット・アルバム(過去記事)を発表している。また、以前からネット上でのゲリラ的なフリー音源のリリースにも積極的で、mexicoやJun Yamabe名義のほかにもRisky(略)名義とか、最近ではjunyamabeとしてトラックを発表しているほか、ネットレーベルon sunday recordingsにも所属して活動している模様。
今回このコンピに収録されたjunyamabeの「3745.8」は、今年の日独交流150周年の記念行事の一環として東京ドイツ文化センターとCocoon Recordingsの主催で行われたSven Väthによるプロデューサー・コンテストにおいて、見事に優勝を勝ち取ったトラックである(外部記事:clubberiajunyamabe)。
コンピ全体としては、ジャーマン・ディスコやニューウェーヴ色の強いミニマル・トラックが中心という印象だが、junyamabeの「3745.8」は少し異彩を放っていて、暗闇の中にきらめく雪の結晶がしんしんと降り積もるかのような非常に叙情的なサイケデリアを感じさせる美しいトラックとなっている。繰り返される哀愁を帯びたメロディアスなリフと優しく刻まれるハットが浸透していく中で徐々に浮き世から離れていくような錯覚にとらわれる。時おり聴こえるアコースティックギターの弦をこするような音が、唯一現世とのつながりを維持しているように聴こえる。
ちなみに "3745.8" は "みなしごハッチ" と読むそうだ・・・。

僕は今年の夏に東京でjunyamabeさんにお会いしたときに、「Svenに会ってきた、Cocoonから出す。」という言葉を聞いて仰天したと同時に心から嬉しかったんですけど、みんなが集まっていた某ビアレストランの席ではなく、帰り際に僕と駅まで歩いてるときにそう告白(?)されたものだから、僕は「何でそんな大事なことみんなの前で言わへんねん!」とつい声を荒げてしまったよ。まぁ僕は僕で彼に「もっとblogを書きなさい。」と怒られたものですが。
そんなことを思い出しながら、感慨深くこのコンピを聴かせてもらいました。本当はアナログが欲しかったんだけど、ニホンへの入荷は年明けになりそうという話を聞いたので、とりあえずディジタルで。
この調子で、Cocoonからのソロ・リリースも期待していいんですよね? あと、僕は彼のヴォーカリストとしての資質にも期待しているので、そろそろまた歌って欲しいなぁとも思ったり。

Tracklisting:
01. Pele - Nothing Else
02. Tres - Sunrise
03. Mar-t - Dolce Vita
04. Junyamabe - 3745.8
05. Egbert - Hallucinogeen
06. Alessio Mereu - Regret
07. Exercise One - Top Score (Stop Thinking!)
08. Audiofly - Nothing To Undo
09. Malandra Jr. - Conquest
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1512-c60c49e6