小泉今日子 - Koizumi In The House 

Artist: 小泉今日子
Title: Koizumi In The House
Label: Victor Entertainment
Catalog#: VDR-1603
Format: CD
Released: 1989/05/21
[試聴]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
小泉今日子と近田春夫の共同プロデュースによる、おそらく日本のメジャー・リリースでは初となるハウス・ミュージックのアルバム。1989年発表。
この頃のキョンキョンは、アイドル~メタ・アイドルからの脱皮をはかるためにクラブ・ヒットを狙っていた時期なのだそうで、ヒップホップ(ブレイクビーツ)、ねっとりしたディスコ・ファンク、ダブ、そして、今聴くと古臭い感じもするボテボテとした野暮ったいグルーヴがいかにもな80'sハウス・ミュージックをやっています。ヒップホップとハウスが共存しているのもこの時代ならでは。
注目すべきはアシッドハウスも積極的に取り込んでいることで、これは日本初のアシッドハウスのレコードだとされているヤン富田によるMiss A『Lowdown』(過去記事)と同じリリース年。このあたりの、ヤン富田、近田春夫、ダブマスターX、小西康陽といった先達の相関図って、ネットのどこかにないですかね?
それにしてもこのアルバムのキョンキョンはエロティック、そしてドラッギーだ。歌のほうも、「なんてったってアイドル」のアンサーソング「Kyon Kyonはフツー」、猫を電子レンジで乾かしたという(当時の)時事ネタを扱った「マイクロWAVE」、原題は「麻薬」だったというまんまそのまんまを歌った「音楽」など、問題作も多し。

KOIZUMI IN THE HOUSEKOIZUMI IN THE HOUSE
(1989/05/21)
小泉今日子

商品詳細を見る
KOIZUMI IN THE HOUSE +2(紙ジャケット仕様)KOIZUMI IN THE HOUSE +2(紙ジャケット仕様)
(2007/08/22)
小泉今日子

商品詳細を見る

Tracklist:
01. Fade Out
02. 好奇心 7000
03. STAND UP
04. マイクロWAVE
05. CDJ
06. Kyon Kyonはフツー
07. 集中できない
08. 音楽
09. 男の子はみんな
10. 水のルージュ (Break 'ACID' Beats MIX)
関連記事

コメント

棚からひっぱりだしました

CD聞いています。1曲目からかっこいい。ダブマスターXさんとか本当に日本語歌謡曲のHOUSEversionとかすごく良いですよねえ。
あとはM.I.Dのハウスミックス。すばらしい。
  • [2013/09/16 16:42]
  • |
  • おかのむぎ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> おかのむぎさん

1曲目(Fade Out)は今回のWIREで田中フミヤがかけてたらしいですね。

ハウス歌謡、素晴らしいです。
  • [2013/09/17 23:45]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1752-e336971c