【ビール】 Boddingtons Pub Ale 


マンチェスターのボディントンズがお送りする、英国パブで飲まれているビール、その名もパブ・エール。…どこからか嘉門達夫のツッコミが聞こえてきそうです。いただきものです。ありがとうございます。

グラスに注ぐと、きめ細か過ぎる泡。アッこれは缶の中にギネス・ドラフトやキルケニーと同じフローティング・ウィジェットが搭載されていますね。
グラスいっぱいに広がったきめ細か過ぎる泡でビールはいったん完全に白濁した液体に。しばらく待ってあげると、徐々にくっきりとした泡の層ができ上がって完成です。
飲んでみると大変さっぱりとしていて、炭酸も微弱。かすかなビターな風味と、ほんのりと、しかし余韻として残る甘みが感じられます。
いつか本場のパブで日がな一日だらだらとこんなビールを飲みたいものですな。

"ボディントンズ パブ エール" を楽天で見る >>
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1818-d2ed93c9