VA - Let There Be Acid 

Artist: VA
Title: Let There Be Acid
Label: AcidWorx
Catalog#: ACIDC 1
Format: File
Released: 2014/09/24
オーストラリアのアシッド専門レーベルAcidWorx初のコンピレーション作品。
最近のAcidWorxは、新作の配信ペースが早すぎて聴くのが追いつかないというのが正直なところなんですが、その理由の一つに、日本人以外の海外勢(そもそも海外のレーベルであるのにこの表現は適当かどうかわからんが)の大量投入が挙げられると思う。
本作においてもその傾向は如実で、日本人アーティストは13組13曲中5組5曲となっている。
いや、繰り返しになるが、そもそも海外のレーベルであるのでこの状況こそが本来の姿なのかもしれないが、レーベル初期の頃の日本人アーティスト中心のリリース内容を思い起こすと少しの寂しさも感じたりして。
そんな中、選ばれし5組の精鋭たちは他の海外勢に引けを取っていない、と言うか、他の海外勢をリードするクォリティを保っていて、驚きとともに気分の高揚がある。特にSERi & Tremorela「Cycle」(#02) のバッドトリップ感なんて!
もちろん90sハードアシッドなノリのPaul Birken (#07) や、ほとんどHardfloorの「Acperience 1」みたいなDave Tarrida (#05) も大好きなんだけど。



Tracklist
01. Bassboy - Influx
02. SERi & Tremorela - Cycle
03. Kristian Heikkila - Acid Clash
04. Parahoria303 - Akafuku
05. Dave Tarrida - Cold Snap
06. Takashi Watanabe - Acid Burger
07. Paul Birken - Return Of The String
08. DJ Hi-Shock - Spoiler
09. Polyshaft - Bad Peoples
10. Metro - Shudder
11. Clemens Neufeld - Drop Out (Pure Acid Mix)
12. Rraph - Tsuga
13. Energun - Acid Burn
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1896-fa11eca7