Ikkubaru - Amusement Park 

Artist: Ikkubaru
Title: Amusement Park
Label: Hope You Smile Records
Catalog#: HYSR-0001
Format: CD
Released: 2014/10/10
Artist: Ikkubaru
Title: Nightly Builds Vol.01: Demo Tracks of Amusement Park
Label: Hope You Smile Records
Catalog#: HYSR-0002
Format: CD-R
Released: 2014/10/10
現在、いわゆるシティポップと呼ばれる音楽は、都市生活者のチルアウト音楽として機能している。と同時に、ある種の(ライトな)トリップ音楽の側面もあるように思う。と言うのは、そこで描かれているのは、今やファンタジーに限りなく近い世界であるからだ。

Ikkubaruは、Muhammad Iqbalを中心に結成されたインドネシアの4ピースバンド。『Amusement Park』は、2014年10月に出たIkkubaruの初めてのアルバムとなる。

Ikkubaruはインドネシアのバンドだけれども、影響を受け、表現しているのは、80年代の日本のシティポップだと言う。
俺はその "何でまた!?" 感に引っかかって、また、昨年のベスト・アルバムにも選んだEspeciaの『Gusto』にも楽曲を提供していることを知って、Ikkubaruの音楽に興味を持つようになったんだけど、その時点では、2013年にTofubeats「水星」のカバーを含むEP『Hope You Smile』のライセンス・リリースが日本のネットレーベルMaltine Recordsからあったことなんて、もちろん当時は聴いていたけど、すっかり忘れ去っていた。やっぱりMaltineって耳早いんだなぁと感心した次第です。

さて、Ikkubaruの音楽は、メロウでキラキラしてちょっとヒネたアレンジが魅力の、極上という言葉がぴったりの架空のアーバン・ポップ。グッとくるメロディはもちろん、ちょっとスカしたギターのカッティングの音ひとつ取ってみても最高。
特にこのアルバムは、個人的には初夏にぴったりの音楽という気がする。早くこのCDをカーステレオから流しながら海風を受けてドライブしたいよ(実際にするかどうかは別として)。この街のクレイジー・プリティ・フラミンゴ。たまらなく、アーベイン。なんとなく、クリスタル。そんな気分。

なお、購入できる店舗が限られてはいるけれども(そして今でも買えるのかどうか定かではないが)、アルバムの特典として『Nightly Builds Vol.01』と題されたこのアルバムのデモ音源集が存在します。
こちらの聴きどころは…やはりボーナストラックとして収録された、Especiaに提供した「アビス」のデモですかね。このCD-Rにはスキャットが収められていて、後に日本語で歌った音源がサンクラにUPされたりもしたけど、「アビス」のIkkubaruヴァージョンはきちんとレコーディングした音源で聴きたいです。関係者各位、どうぞよろしく。

Amusement ParkAmusement Park
(2014/10/24)
ikkubaru

商品詳細を見る
アミューズメント・パークアミューズメント・パーク
(2015/01/21)
イックバル

商品詳細を見る
Tracklist
"Amusement Park"
01. Love Me Again
02. City Hunter
03. Amusement Park
04. Chasing Your Shadow
05. Blue Waltz
06. Ride
07. Anything
08. Highway
09. Eve
10. See The Skies

"Nightly Builds Vol.01"
01. Love Me Again
02. City Hunter
03. Amusement Park
04. Chasing Your Shadow
05. Blue Waltz
06. Ride
07. Anything
08. Highway
09. See The Skies
10. Eve
19. (Bonus Track) アビス
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1922-8464c54f