岡村靖幸 LIVE TOUR 2015 "This is my life" @ Zepp Namba 2015/05/23 

およそ1年半振り5回目の岡村靖幸のライヴ。
活動復帰以後は年2回コンスタントにツアーをこなしているので、僕は2回もツアーに不参加だったことになる。
1600番台という、今までに見たことのない大きな整理番号だったが、ギリギリ前から2ブロック目の最右翼にもぐり込む。右側(下手)狙いなのは、いつもアンコールのピアノ弾き語りコーナーで下手にピアノが設置されることを知っているからだ。
5分ほど押して開演。

(新曲)
1曲目は、聴きなれないミドルテンポの打ち込みファンク・チューン。"新時代" "マイペース" といった単語が聞き取れた。これが今回のツアーで初披露となる新曲であることは、事前に他の会場の様子等を予習していた僕は知っていたが、普通、ライヴの1曲目にファンの誰も聴いたことのないような新曲を演るかぁ?

どぉなっちゃってんだよ
オリジナルから大きくピッチアップした「どぉなっちゃってんだよ」。
以前のツアーでも聴いたけど、男性ダンサー2人を交えて会場のテンションを一気にヒートアップさせる。

カルアミルク
オリジナルよりピッチダウンさせた「カルアミルク」。靖幸はなるべく丁寧に丁寧に歌おうと心がけているのが伝わってくる。
バラードを聴くとその日の声の調子がよくわかるけど、残念ながら、この日は調子が良いようには思えなかった。今回のツアー、声の調子がかなり良い、というそれまでの他会場の前情報とは裏腹に。

泣いちゃいそうだよ (渡辺美里)
過去に渡辺美里に提供したバラード曲をカバー。

Automatic (宇多田ヒカル)
昨年参加したトリビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた』(過去記事)から「Automatic」のカバー。サビの "It's Automatic" は客席に歌わせていた。

彼氏になって優しくなって
現在のところ最新シングルであるミディアムな歌謡ファンク。
僕はこの曲が出てから初めてのライヴだったので、ようやく生で聴けた、という感じだ。

愛はおしゃれじゃない
それは次のこの曲でも同じで。
清涼感のあるギターのイントロから4つ打ちのキックが入ってくる、復帰後の最高傑作。小出祐介のパートもすべて靖幸が歌ってた。
しかし、1年半ライヴに行かなかった間にシングルが2作も出てるんだものなぁ。こんな活動ペース、一体誰が予想した!?

ビバナミダ
アニメ『スペース☆ダンディ』のキャラクター勢によるナレーションから始まる「ビバナミダ」。
この曲は僕はライヴで聴くのもすでに3回目なんだけど、超盛り上がってた。もはや靖幸の代表作のひとつという地位を確かなものにしている。

Dog Days~ラブ タンバリン
「そりすべり」からの「Dog Days」をさわりだけ歌っての「ラブ タンバリン」。前回これをライヴで聴いたのは10月だったので(過去記事)、少し早めのクリスマスを演出したんだなと思ってたけど(実際に白石さんのMCも、クリスマスに靖幸とデートする小芝居だったような気がする)、今は灼熱の5月だぜ?(笑)

イケナイコトカイ
「カルアミルク」と並んでその日の靖幸の声の調子を計ることが出来る曲。声量はあったけど、高音が出てなかったりかすれてたり、やはりなかなか調子が良いとは言えなさそうだ。

いじわる
アレンジが変わりすぎてたけどエロ幸は健在。下手のマイクスタンドでポールダンスしてたのもこの曲だったっけ?(笑)

19 (nineteen)
改めてセトリ見てみると比較的『DATE』収録曲が多いなぁという印象。みんな大好きな盛り上がり曲。

I Still Haven't Found What I'm Looking For (U2)
"大阪ベイベ、U2歌うよU2。" とのこと。"みんなも歌ってみて?" という無茶振り。

あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう〜だいすき
白石さんのMCコーナーをはさんで、第1部の最後は「ロングシュート」から「だいすき」へとノンストップで流れるド定番の構成。しかしどぉも音も演奏も少しボヤけてる感じがした。観客もノリきれていなかったような…。

慕情 (サザンオールスターズ)
1回目のアンコール開けはバラードから。この、岡村靖幸がサザンを歌う、という意外性はこの「慕情」という曲を知っていればこそ生まれるものであって、僕はこの曲に特に思い入れがなかったので…。でも、いい曲でしたね。原曲ちゃんと聴きなおしてみます。

Lovin' you (渡辺美里)
そしてついに来ました、渡辺美里に提供した超名曲バラード。過去にライヴで歌ったりしてたのかな? この曲は本当に震えた。持って行かれた。

スキャンティブルース (MEG)
一転して、クールで密室的なハウス。靖幸ヴァージョンは『ビバナミダ (スペース☆ダンディ盤)』(過去記事)にのみ収録。この曲は僕ほんとに好きだなぁ。

come baby
岡村と卓球のあの曲なんだけど、初めて聴く生バンドによるファンク・スタイルなアレンジでかなりな改変がなされていた。…でも「スキャンティブルース」の後に演るんならオリジナルに忠実な密室エレクトロ・ディスコなアレンジの方が良かったのでは? なんて。

うちあわせ
2番の歌詞間違ったのに気づいたひと、どれくらいいたかな(笑)。

Super Girl
"ほんとのDance Chance Romanceは自分次第なんだよ、ねえ知ってた?" と何度も何度も聞いてくる49歳のシンガーソングライターダンサー。
この曲で第2部終了。

大阪ベイベ
2度目のアンコールからのピアノ弾き語りコーナー。しかし、今回ピアノが設置されたのはまさかの舞台向かって左側(上手)。そ、そんなフェイント…。

ちぎれた夜
いつもだと引き続き弾き語りで「友人のふり」に行くところ、さっさと弾き語りは終わって「彼氏になって優しくなって」のカップリング曲のフォークソング。鬼気迫る切なさのあるいい曲だと改めて思う。

真夜中のサイクリング
あれ、こんなインダストリアルなアレンジなんだったっけ?、という感じの「真夜中のサイクリング」。この曲発表当時よりも確実に声が出てるのでなんだかおかしな感じ。

Out of Blue
ツアーのオーラスはやはりド定番の、アダマスを激しく弾きまくりからのデビュー曲「Out of Blue」。ライヴでこの曲の、特に終盤のホーンを聴いてしまうと、嗚呼とうとうこの至福の時間が終わっちまうんだなぁ、と思う。そして、また靖幸に会いに来よう、そう思うのだ。

どうも今回の大阪の公演に限って言えば、靖幸のコンディションはあまり良いようには思えなかったし、白石さんのMCも靖幸をいじることなく、実にあっさりとしたものだった。
「聖書 (バイブル)」や「友人のふり」をはじめ、ド定番とされる幾つかの曲がセトリから外れたのは、活動再開以後の幾つかの新曲だけでなく、カバー曲や他アーティストへの提供曲が新たにセトリに入ってきたからであり、また、それらの新しくセトリに導入された曲たちのほうが、古い定番曲よりも違和感なくしっくりと今の靖幸に馴染んでいた。
そして2時間45分の長丁場を演じ切るタフで濃厚な圧巻のステージ。たゆまない努力を続けているのだろうし、変化し、進化し続けている。ピアノ弾き語りが向かって左側(上手)で行われたり(根に持ってる)。

今の岡村靖幸は、努力を絶やさない天才だ。それって最強じゃんよ?

(※ セトリの順番が違うとかあの曲も演ったといった情報やご指摘をお待ちしております。他会場のセットリストを参考に、自分の記憶を頼りに書いたものなので、正直、ところどころ自信がないのです…。)
関連記事

コメント

別に靖幸ちゃんのファンじゃないけど、何故か昨夜はエチケットのパープルを流しておりました。
ツアーとか全然知らなかったし、実を言えば昨夜まで全部聞いた事なかったんだよね。

何?靖幸からの電波?

やだっ///

おめでとう。最強でなによりじゃん!
  • [2015/05/26 01:04]
  • |
  • lune
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

luneさん

あなたも靖幸からの電波おめでとう。

これを期にあなたもファン(ベイベ)になりなさいな。
ユーなっちゃいな!
  • [2015/05/28 00:37]
  • |
  • びび
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1945-30e1faf8