【ビール】 サントリー ザ・モルツ 


サントリーのレギュラー価格帯ビールであるモルツが販売を終了し、代わって後継商品ザ・モルツが発売されました。
ザ・モルツって、単にモルツのヴァリエーションなのかと思ってたら、モルツなくなってしまったのか。ちょう好きなビールだったのに…。

サントリービールが今まで「ザ・プレミアム・モルツ」や「~同~ マスターズドリーム」を通して培ってきた製法やノウハウを活かし、苦味・コクとほのかな甘みを感じる、複層的で飲み飽きない味わいを実現しました。
《素材・製法のこだわり》
(1) 「ダイヤモンド麦芽」
チェコおよびその周辺国で収穫・製麦された、上質で深いコクが特長の希少な「ダイヤモンド麦芽」を一部使用しています。
(2) UMAMI発酵製法
「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」で培った技術をもとに開発した発酵制御技術を採用することにより、苦味・コクやほのかな甘みの理想的なバランスを実現しました。
(3) HHS製法
当社独自のHHS(High temperature High pressure Steam:高温高圧蒸気)製法で加工した麦芽を使用することにより、爽快な後味で飲み飽きない中味を実現しました。

サントリー ザ・モルツ ニュースリリース

だそうです。
サントリーは、このザ・モルツで、ボヘミアン・ピルスナーの基本を守ったビール作りをしようとしているのだろうと想像します。非常に好感が持てます。

いただいてみます。
旧来のモルツとの比較になりますが、モルトの深みが増し、爽快感の中にも重厚さを感じるピルスナーとなっており、日本のビール界のネクスト・スタンダードになり得るだけのポテンシャルは充分にあると思います。

現在のところ商品広告がうまく作用していない感はありますが、味で選ぶのであれば、日本の大手メーカーのレギュラー価格帯のビールは、キリンの一番搾りとこのサントリーのザ・モルツの二本立てでじゅうにぶんに幸せになれることでしょう。

Amazon.co.jpで見る >>

楽天市場で見る >>
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1985-3719a6cf