MINAMI WHEEL 2015 EXTRA EDITION @ なんばHatch 2015/10/10 

大阪のミナミ一帯で行われるライヴハウス・サーキットMINAMI WHEEL(ミナホ)の一環で開催されるオールナイト・イヴェントMINAMI WHEEL EXTRA EDITIONに水曜日のカンパネラが出演。
日付の代わった11日の0時過ぎに会場に入ると、前の出番のceroをちょっとだけ観ることができた。タイムテーブルよりも少し時間が押しているようだ。
水曜日のカンパネラは、およそ15分遅れの0時30分頃から。

ステージのセッティングが済んだか済まないかのタイミングで、いつもの丸いサングラスをかけたコムアイさんがスタスタとステージに現れ、おもむろに「シャクシャイン」をスタートさせる。
いきなりテンションの高いパフォーマンスを魅せるコムアイさんだが、会場のBGMは流れたままだし、ステージわきにずっとDir. F氏の姿が見えるし、なんか変だ。
と思ったら、「シャクシャイン」を丸々1曲歌い終わった後、本番はもっと盛り上がっていきましょう、よろしく!、と言ってステージを去るコムアイさん。そうか、これリハーサルだったのか(笑)。

会場のBGMが止まり、Dir. F氏がステージ上のMac Bookを操作すると流れてきたのは「ナポレオン」のイントロ。
コムアイさんの歌声が会場に響くが、その姿は一向に見当たらない。キョロキョロと会場中を探すお客さんたち(笑)。後からわかったことだが、コムアイさんは、歌いながらフロア後方の休憩スペースで寝ているお客さんたちを起こして回っていたようだ。
歌いながらフロアのど真ん中を突っ切り、僕の目の前を通りすぎて、「ナポレオン」を歌い終わる頃にようやくステージ上に登壇。

ミナホは去年もなんばHatchに出たが、メインステージではなく通路のすみっこの小さいステージだった。今年はメインステージに出ることができて、まだまだこんな大きな会場に出ることは少ないのでうれしい。なんばHatchのオファーが来たときはワーーーッと思った。等語るコムアイさん。
僕の見渡すかぎり、この日初めて水曜日のカンパネラを見るお客さんが圧倒的に多いようで、ほら『HEY!HEY!NEO!』に出てた、と言った話し声も聞こえる。

次は温泉の歌を演りますと言って、「ディアブロ」のコールアンドレスポンスの練習。この曲は割と認知されていたみたいで、すぐに "いー湯だね!" "ふやけるね!" の声が上がる。
「ディアブロ」はぶっといベースも聴きどころのひとつだと思うが、なんばHatchのサウンドシステムはなかなか気持ち良い音を出していた。反面、キックの音は抑えめで、この辺りはやはりロックバンドがメインのイヴェントの音に特化されている印象。
「ディアブロ」からノンストップで「桃太郎」へ。さすがに一番の知名度を誇る楽曲なので、きっびっだーんではすぐに多くのお客さんの手が上がった。

11月11日にニューアルバム『ジパング』が出るけどまだ鋭意作成中であるというMCのあと、ニューアルバムから1曲ということで紹介されたのは「ラー」。ライヴではすでに何度か披露されている曲だが、僕はライヴで聴くのは初めて。コムアイさんはお客さんにYour justice!のコールを要求していたが、どこで言ったらいいのかなかなかタイミングをつかむことができず、難しい(笑)。
トラックはレイヴ・シンセがひときわ特徴的なベースライン・ハウスで、でかい会場で聴くとめちゃくちゃかっこいい。間違いなく今回のカンパネラのライヴのピーク・チューンだった。

最後は大阪の曲を、ということで一瞬「カーネル」を期待したが、「ドラキュラ」だった。会場みんなで歌えるよう、先日出演した『HEY!HEY!NEO!』に乗じて浜ちゃんチームと松ちゃんチームに分かれて練習。コムアイさんはまたしても歌いながら客席に飛び降り、最後は3階席まで上がって、お客さんにソロパートを歌わせ、キラキラした紙吹雪を舞い散らせながら、ライヴは終了。楽しい時間はあっという間に感じる5曲(リハを合わせると6曲)だった。

ライヴ後、会場に来ていたケンモチヒデフミさんとビールで乾杯し、アルバムのこととかいろいろ話を聞くことができた。ライヴはもちろん楽しかったけど、ケンモチさんとのお話も楽しかったなー。
さて、来月はいよいよ2回目のワンマンツアー。先行予約に2度も抽選で外れた僕は、一般発売でチケットが取れたら行きます。って言うか、行かせてくれ頼む!



水曜日のカンパネラ MINAMI WHEEL 2015 EXTRA EDITION セットリスト
(リハーサル) シャクシャイン
01. ナポレオン
02. ディアブロ
03. 桃太郎
04. ラー
05. ドラキュラ
関連記事

コメント

よいですねー

びびんぱさんが行かれているだろうと期待していました。
ケンモチ氏が会場で一緒に飲んだ人にメッセージを出していたので、ひょっとして と思ったらやはり一緒に飲まれていたんですね♪

  • [2015/10/14 19:32]
  • |
  • 存在する音楽
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

存在する音楽さん

はい♪

Twitterでケンモチさんのツイートを見られたのであれば、やりとりしてるひとの中に僕もいたと思います。
  • [2015/10/14 23:38]
  • |
  • どどんぱ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1986-c1c1aa9f