【ビール】 サントリー パンプキンスペシャル 


先日スーパーのビール売り場を定期巡回していたところ、サントリーからパンプキンスペシャルなる発泡酒(酒税法云々ではなく価格帯も発泡酒)が出ているのを見つけました。

濃色麦芽一部使用により厚みのある味わいを実現しました。さらに、パンプキンと香料を用いることで“ホクホク甘いパンプキン”をイメージした中味に仕上げました。
(サントリー パンプキンスペシャル ニュースリリースより)

あれ? クラフトセレクトのザ・パンプキン(過去記事)とコンセプトがダダかぶりじゃね? と一瞬驚いたが、まあつまりはパンプキンスペシャル=ザ・パンプキンの廉価版ということなのだろう。
ではいただいてみます。

ザ・パンプキンとの比較になりますが、先ず南瓜の香りや風味が楽しめる点はほぼ同じ。しかし香料がパンプキンスペシャルのほうがきつめで、口の中に甘ったるさも残る。
パッケージはザ・パンプキンよりもハロウィンのイメージを前面に押し出しているが、ザ・パンプキンにしろこのパンプキンスペシャルにしろ、ハロウィン商戦(と呼ばれるものが存在するのかは知らないが)にどれほど消費者に訴求するのだろう。時流に疎い僕には甚だよくわかりませぬ。

Amazon.co.jpで見る >>

楽天市場で見る >>
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/1990-32471292