【ビール】 アサヒ スーパードライ ドライプレミアム 香りの琥珀 


アサヒのプレミアム価格帯のビール、スーパードライ ドライプレミアムのヴァリエーションは今までもいくつか出ていますが、この香りの琥珀は、昨年の歳暮ギフト限定で販売されたもの。今年は念願の一般発売と相成りました。

『アサヒスーパードライ ドライプレミアム 香りの琥珀』は、2014年歳暮期にギフト限定醸造商品として100万セットを超える販売を記録し、好評をいただきました。また、昨年はギフト限定でありながら自宅での飲用を目的に購入されるお客様も多かったことから、本年は中味とパッケージをリニューアルし、全チャネル向けに発売することとしました。
“華やかに香るコクとキレ”といった「ドライプレミアム」ならではの特長はそのままに、8種の厳選ホップと黒麦芽由来の麦芽エキスを原材料の一部に使用し、芳醇なホップ香と香ばしいロースト香の調和をお楽しみいただけます。
缶体は、昨年に比べやや明るい色合いの紫を採用し店頭における視認性の向上を図りました。また、缶体上部には、古来より縁起物として重宝される鶴のデザインを配し、年末年始の華やいだ雰囲気を表現しています。

ニュースリリース

なるほど、昨年とくらべて缶だけでなく中身も離乳アルしとるわけですね。原材料の表示(麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ)、ABV(5.5%)ともに、表立った新旧の違いは見られませんが。プレミアム価格帯ビールであるにもかかわらず副原料をガンガン使ってるのはドライプレミアムならでは。や、これネガティヴな意味で言ってるんじゃないんですよ。特徴的なスーパードライ感を出そうとすれば、必然的に副原料由来のいわゆるドライなテイストが必要となってくるのです。
グラスに注ぐと、ウォウ! ボックかドゥンケルかってなくらいに色の濃い茶褐色。クリーミーな泡も淡く色づいています。
飲んでみると、やはりロースト感がありますね。しかもかなり重い。そしてほのかに甘く、香ばしい。僕の感想としては、ホップ感は控えめ。ついでと言ってはアレだけど、余韻に残るスーパードライ感も(笑)。

楽天市場で見る >>

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2006-058cb8db