ヒカシュー - レトロアクティヴ Remix 

Artist: ヒカシュー
Title: レトロアクティヴ Remix
Label: Eastworld
Catalog#: TOCT-9558
Format: CD
Released: 1996/08/28
レビューするのにちょっと時流から外れてしまった感はあるけど、ヒカシューです。
一連の騒動(書きませんが)を見ていて、ヒカシューの1stか2ndあたりを紹介する必要性を感じたのですが、僕たちのような90年代にテクノを聴いていた世代にとっては、ヒカシューといえばやっぱりこの盤なんですよ。
というわけで、96年にリリースされた、当時のジャパニーズ・テクノのなかでもSony Techno(ソニテク)とFrogman Records周辺のプロデューサーたちを集めて作られたリミックス・アルバムのほうを取り上げることにします。
それにしても、これ20年前か…。しかも参加リミキサー9名のうち、すでに2名が鬼籍に入っているという…。90年代のテクノ・バブルはまこと遠くになりにけり。

今回あらためて聴きなおしてみたのですが、さすがに時代を感じる音だなぁと言うのが正直な第一印象。しかし陳腐化していないトラックもいくつかあり、それは例えばモノフォニック・ミニマルな田中フミヤのリミックスだったり、オリジナルへの敬意をにじませながらも当時の最新ダンストラックに作り変えた石野卓球リミックスだったり。
中でも山本アキヲによるリミックスは、今Echospaceあたりからリリースされていてもおかしくない、超ドープなミニマルダブ。これは天才の所業じゃないかとすら思う。今回聴きなおしてとにかく驚いた。

しかしこのような世代を超えたリミックス作品を聴くと、時代や地域の異なったとしても、すべての音楽はどこかで必ずつながっていて関係しており、単独では絶対に存在し得ないという思いをあらためて強くする。
だからこそ、今自分が好きな音楽を大事することは、同時に先達への敬意も忘れてはならないことだと思うのだ。なぜなら、その先達が存在しなければ、今自分が好きな音楽もまた生まれ得なかったのだから。



Tracklist
01. レトリックス&ロジックス (remixed by Susumu Yokota)
02. モデル (remixed by Ken Ishii)
03. プヨプヨ (remixed by Yoshinori Sunahara)
04. 瞳の歌 (remixed by Quadra)
05. 幼虫の危機 (remixed by Fumiya Tanaka)
06. 謎の呪文 (remixed by Yoshihiro Sawasaki)
07. パイク (remixed by Takkyu Ishino)
08. 出来事 (remixed by Kagami)
09. ト・アイスクロン (remixed by Akio Yamamoto)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2037-e6e4e2be