【ビール】 キリン グランドキリン 十六夜の月 


グランドキリンの期間限定Kiwi IPAバージョン、十六夜の月。去年も(?)出てたみたいですね。

キリンビール株式会社(社長 布施 孝之)は、秋の夜長にゆっくりと味わえる、個性的でフルーティな香りが特長の「グランドキリン 十六夜の月」を、9月1日(火)から期間限定で、全国のコンビニエンスストア※1で新発売します。希少品種※2の「ネルソンソーヴィンホップ」を採用し、当社の醸造家がお客様の好奇心を刺激する個性溢れるビールを目指して開発しました。
※1 一部取り扱いのないチェーン・店舗があります。
※2 全世界ホップ生産量のうち0.5%未満の品種(当社調べ)
(中略)
●中味について
①「ネルソンソーヴィンホップ」を使用
ニュージーランド産ホップ由来のグレープフルーツを思わせるフルーティな香りが特長の希少ホップ「ネルソンソーヴィンホップ」を使用しました。
②「ディップホップ」製法を採用
当社独自の「ディップホップ」製法を採用し、“ビールの魂”と言われるホップを、通常の仕込み段階での使用に加え、発酵過程でもさらに漬け込むことで、複雑な香味を引き出しました。
③「キィウィIPA(インディアペールエール)」スタイルを採用
ニュージーランド(キィウィ)産のホップを大量に漬け込むことで、フルーティな香りと上質な苦味を引き出すビアスタイル「キィウィIPA」を採用しました。

ニュースリリースより抜粋)

グラスに注ぐと濃色の液体から薫る強く甘い香り。具体的には、熟した柑橘系の香りを連想させます。
飲んでみます。IPAならではの苦みはもちろんあるんだけれど、それに負けていないネルソンソーヴィンホップ由来と思われるフルーティーさが際立っており、強度のある苦味と甘味が墾田永年私財法となって(はいここ笑うとこですよー)ぐるぐるとうずまいてる。
秋の夜長、ドライフルーツやミックスナッツなどをつまみながらゆっくりと味わいたいものですね(などという文章を、師走に突入した今書いています)。




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2088-f60ecf73