【ビール】 アサヒ ドライプレミアム豊醸 贅沢初仕込 とれたて国産素材 

170125.jpg
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、国産素材にこだわった『アサヒドライプレミアム豊醸 贅沢初仕込―とれたて国産素材―』を、12月20日(火)から数量限定で発売します。
(中略)「ドライプレミアム豊醸」の“濃厚で深みのある味わいと広がりのある華やかな香り”といった特長はそのままに、2016年に収穫した国産麦芽、国産ホップ、国産米を使用しました。この時期だけの“とれたて国産素材”を使った、初仕込ならではの、華やかなホップの香りと麦芽のうまみをお楽しみいただけます。

ニュースリリースからコピペ)

アサヒのプレミアム価格帯のレギュラー商品であるドライプレミアム豊穣(過去記事)の特別限定リミテッドエディション(黒いボディのデジタルマシーンだターボチャージャーもついてるんだぜ)。初仕込みを国産原料にこだわっておこなったとのこと。さっそくいただいてみます。
グラスに注ぐとスッキリとした黄金色。泡持ちは意外とあまり良くない。飲んでみると、ホップのフルーティさが香る、ような気がする。レギュラー・バージョンには僕は "ミキサーのHI、MID、LOWをすべて上げたパツパツの音質のDJ" という感想を持ったけど、ホップの主張が一歩前に出るだけで全体の印象がやわらかくなるもんなんだなぁ。
奥さん、数量限定なのでいまのうちに。




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2105-943a7069