電気グルーヴ - TROPICAL LOVE 

Artist: 電気グルーヴ
Title: TROPICAL LOVE
Label: Ki/oon Music
Catalog#: KSCL-2874~2875
Format: CD+DVD
Released: 2017/03/01
電気グルーヴ4年振りのニューアルバム『TROPICAL LOVE』。
発売前から媒体では "最高傑作" の評価や自賛が踊っていたので、期待半分、不安半分で聴きました。
だいたいメンバー自らわざわざ "最高傑作" なんて言葉を持ち出してくること自体、眉唾にならざるをえないし、好意的に解釈しても、バンドの調子が良くってキマってる(客観的な判断ができない)状態なんだろうなとしか思えないし。

で、アルバムの全体的な印象は『VOXXX』か『J-POP』(過去記事)みたいだなぁ、というとこ。
いわゆる "電気グルーヴ的" な精神性がつらぬかれていて、しかし残念ながら大半の曲が僕の心にひびかなかったのは、おそらく単に今の気分じゃなかったからなのでしょう。
本作で製作の96パーセントを占めたというGarage Bandの独特の音質にもどうもヘンなクセを感じてしまって、素直に作品世界に没入できなかったりして。
ただし、
(以下、私びびんばの全曲レビュー(未公開)より引用)

#06「Fallin’ Down」
シングルとは別ミックス。浮遊感のあったオリジナルとは違って低音が効いたファンキーな音像に。
#07「ユーフォリック」
このアルバム唯一のインスト曲。卓球先生の作る、泣きのメロディのトランシーなダンストラックに、またひとつ名曲増えた。
#08「トロピカル・ラヴ」
アルバムのリード曲であるにふさわしい、ビーチ感のあるバレアリックなチルアウト・ハウス。あれ、これってトロピカルハウスじゃ・・・。

(以上、引用終わり)
という感じで、6曲め以降のセンチメンタリズム全開のエピックな流れは本当にすばらしいし、この3曲のためだけに本アルバムを聴き続ける価値は充分にあります。

あと、僕が買ったのは何種類か出た初回限定仕様のうちDVDが付いたもので、2016年3月9日にZepp Tokyoで行われた "お母さん、僕たち映画になったよ。" がほぼフル尺で収められている。この公演はZepp Nambaでも行われたけど僕は行ってなくて、これを観ると、あいかわらず今の電気のライブは最高だなおい、という気持ちになります。
『TROPICAL LOVE』、アルバムももちろんだけど、このDVDは必携だと思いますよマジで。



Tracklist
Disc1 (CD) TROPICAL LOVE
01. 人間大統領 / Ningen President
02. 東京チンギスハーン / Tokyo Genghis Khan
03. 顔変わっちゃってる。 / Kao Kawacchatteru.
04. プエルトリコのひとりっ子 / Puerto Rico no HITorIKKO
05. 柿の木坂 / Kakinokizaka
06. Fallin’ Down(Album mix)
07. ユーフォリック / UFOholic
08. トロピカル・ラヴ / TROPICAL LOVE
09. ヴィーナスの丘 / Venus Hill
10. いつもそばにいるよ / Stand by You
Disc2 (DVD) お母さん、僕たち映画になったよ。 @ Zepp Tokyo 2016/03/09
01. Hello! Mr.Monkey Magic Orchestra
02. Fallin’ Down
03. Missing Beatz
04. Shameful
05. 新幹線
06. Eine Kleine Melodie
07. Baby’s on Fire
08. スコーピオン2001
09. Barong Dance
10. あすなろサンシャイン
11. カメライフ
12. TKO Tekno Queen
13. Fake it!
14. Love Domination
15. FLASHBACK DISCO
16. ジャンボタニシ
17. N.O.
18. かっこいいジャンパー



関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2114-f6fc4618