Somethinn featuring DJ Funk @ Circus Osaka 2017/03/31 


D.J.Fulltono、Keita Kawakami、Hiroki YamamuraによるパーティSomethinnがシカゴの特殊ハウスのリビングレジェンドDJ Funkを招聘。DJ Funkはここ最近なにげに頻繁に日本の地を踏んでいますね。
なお、DJ Funkについての説明は、2014年のベスト盤『Gold』のレビュー(過去記事)を参照してください(われながらよく書けた文だ3枚も書いた)。
僕は1995年にDJ FunkのミックスCD『Freaky Style』(SoundCloud)を聴いてゲットーハウスの洗礼を受けて以来のファンで、待望の初Funkとなります。ほんとに20年以上生でFunkのDJを聴ける機会を待ってた。僕待ってた。

2時頃にブースに入ってきたDJ Funk。意外といいガタイしてるんだな、というのが第一印象。
曲をかけ始めるとDJブースの前に出てきてマイクを持って歌う歌う。DJソフトウェアの操作中でマイクを持たないときも、自らの曲のボイスサンプルに合わせてノリノリで口を動かす。かかるのはほぼほぼ知ってる曲のみ(※個人の感想です)。全身を使ってフロアを煽るが、そこから垣間見えるのは彼の旺盛なサービス精神と、本質的にエンターティナーたろうとする姿勢だ。
僕はFunkがDJブースにいる2時間、もう楽しくて楽しくてずっと踊り続けていたけど、初めて実際に体験したDJ FunkのDJは、むしろショウであり、彼はクラブDJというよりは、ジョージ・クリントンなどの系譜にある人物であるように感じた。

自身の出番が終わったあともDJブースで踊ったり、フロアに降りてきてお客さんと写真を撮ったり談笑したりと、めちゃくちゃフレンドリーなひとで、まさにPump Itマンでした。来年も大阪来てくれるかなぁ。

関連記事

コメント

もしかして、コオロギが便せんに止まるやつですか?
違っていたら、失礼なやつで、すいません。
  • [2017/04/12 07:56]
  • |
  • kentarock
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

kentarockさん

正解です。君に会いに行くよ、愛してます好きにしてよ、なやつです笑
  • [2017/04/15 00:29]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2122-8cf0d718