Especia - Wizard 

Artist: Especia
Title: Wizard
Label: Bermuda Entertainment Japan
Catalog#: BMEJ-0041
Format: CD
Released: 2017/03/22
2017年3月をもって解散した女性ボーカルグループEspeciaのラストアルバム。
いわゆる第一章の楽曲を第二章のメンバーで再録音したものが6曲(#01~06)、第二章の既発曲が3曲(#07~09)、新曲が4曲(#10~13)、第二章のリミックスが2曲(#14~15)という構成で、一応ベストアルバムとは銘打っているものの、ベスト的要素半分に第二章唯一のオリジナルアルバム的要素半分という、なんとも中途半端な印象を免れない作品となっている。この一点からだけでも、解散が第二章のスタート時には予定されていたものではなく急遽決まったものであったことがうかがい知れる。

4曲の新曲「John's Rod」「Call me back」「Just Go」「Ternary」は、それぞれスタイルは違えどいずれもアメリカンポップスを踏襲したスタイルを貫いており、これまでのEspecia(第一章)の楽曲群とは少し毛色の違ったものとなっている。系統として一番近いと思われるのは前作アルバム『Carta』の1曲目に配されて賛否の渦巻いた(つまり否定的意見が圧倒的に多かった)、作詞山根康広・作曲藤井尚之のアメリカンロックチューン「Clover」だろう。つまり本アルバムの新曲群のようなテイストの作風にも、Especiaは今後進む可能性と余地を残していたことが明らかになったとともに、その芽はすでに『Carta』の時代に埋め込まれていたということだ。
また、そもそもEspecia第二章のような英詩によるボーカル&コーラスグループという活動形態とその音楽性に関しては、同じく『Carta』に収録の「Rittenhouse Square」あたりからその芽を感じ取ることが出来るし、本アルバムに収録の「Nothing」のリミックスのようなジャズステップ(ジャズやフュージョン要素の強いドラムンベース)の楽曲についても、すでに『Carta』収録の「Interstellar」において試されていた。
要するに、Especia第二章において道半ばとなったいくつかの音楽的な試みは、アルバム『Carta』がスタート地点となっていたのだ。
『Carta』はグループの上京とメンバー3名の脱退という嵐のような状況の中でリリース日を迎えたがために、あまりきちんと語られることがなかった不幸なアルバムではあったが、Especiaの行く末と幾重もの可能性を内在した、Especiaの活動史において実はエポックメイキングとなるべき作品だった。その『Carta』の正当な評価については、いつか稿を改めたいとは思っているけれども。

少なくとも僕はEspeciaというグループが持っていた未来の可能性に魅力を感じ、そんなグループの楽曲を愛していたので、椰子の木を見たらEspeciaを思い出す魔法はこれからも解けないだろうし、この先も楽曲を聴き続けることに疑いはないが、2017年4月以降もしかすると5年、10年と想定された彼女たちのグループとしての大きな可能性が閉ざされてしまったことは、やはりただ残念としか言いようがない。



Tracklist
1. ナイトライダー
2. 海辺のサティ
3. アバンチュールは銀色に
4. FOOLISH
5. No1 Sweeper
6. Boogie Aroma
7. Savior
8. Nothing
9. Danger
10. John's Rod
11. Call me back
12. Just Go
13. Ternary
14. Savior (Remix)
15. Nothing (Remix)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2125-9a27a461