【ビール】 サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション 


サッポロ麦とホップから、"魅惑のホップセッション" という季節限定の新しいバリエーション商品が発売されました。
とりあえず以下コピペ。

 サッポロビール(株)は、「サッポロ 麦とホップ魅惑のホップセッション」を2017年5月23日(火)に数量限定発売します。
 この商品は、初夏にふさわしい新しい味わいを求め、近年人気が高まっているセッションIPAのスタイルを参考に、2つのフレーバーホップ「モザイク」と「カスケード」をブレンドすることで、クリアで清冽な苦みと、驚くほどフルーティーな香りを引き出しました。

ニュースリリースより)

ようするにセッションIPAの第3のビール版、ということですね。
エールではなくてラガータイプの(第3の)ビールだとは思いますが。

ちなみにセッションIPAっていうのは、近年アメリカのマイクロブルワリーなどを中心に増えてきているビアスタイルなんだけど、ABV(アルコール度数)を低くしたりして飲みやすくしたIPAのことを言います。
セッションIPAはさわやかなホップの魅力を感じられるものが多く、もちろん僕も大好きなビアスタイルのひとつです。

いただきます。
強めのホップ感は清涼感と華やかな香りを伴っていて、なかなか味わい深くそれでいてさわやかに仕上がっています。
さらりと飲み流すと言うよりは、鼻孔や舌上や咽喉でころがしたいタイプのビールだと思います。いや第3のビールですが。




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2140-add9338d