スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸 2018 SPRINGツアー マキャベリン @ Zepp Namba 2018/04/30 


岡村靖幸 | YASUYUKI OKAMURA >>

岡村靖幸のライブに行くのは3年ぶりだったのですが、その間も彼は半年に1回の全国ツアーを相変わらずコンスタントに続けており、そんな中今回久しぶりにライブに行きたいなと思ったのは、何より昨年DAOKOとコラボした「ステップアップLOVE」がとにかく素晴らしく、昨秋のツアーではどうやら岡村靖幸のひとり「ステップアップLOVE」を演っていたという噂も聞きつけ、どうしてもライブで聴きたくなったからです。
その「ステップアップLOVE」は2曲目で、DAOKOのパートはそのままDAOKOの声がテープで流れている状態ではありましたが、1曲目の「ステップUP↑」から「ステップアップLOVE」に繋ぐって、絶対曲名でセトリ組んでるよね?笑
かつて氣志團の綾小路翔を深夜に呼びつけ、「翔さんはセットリストって、どんな風に決めてますか?」「もうすぐツアーなんですけど、まだ悩んでいて…」と相談したという逸話を遺す岡村靖幸らしく、きっとベイベたちが楽しがる姿を期待しながらこの箇所のセトリを決めたであろうことは想像に難くありません。
それ以外にもセトリの斬新さに関しては、一青窈に提供した「Lesson」(過去記事)を披露したり、ライブでのラスト曲のド定番だった「Out of Blue」を中盤に持ってきたり(しかもギターを弾かなかったり)、弾き語りコーナーがキーボードではなくギターだったり、「友人のふり」もキーボード弾き語りではなくスタンドマイクでフル尺でじっくりと歌ったりと、ここ3年ほどの変化を見ていないので確かなことは言えないまでもそこかしこに見ることが出来て、それと同時に喉のコンディションの安定感は本当に確かなもののようで、安心してそのパフォーマンスに身を委ねることが出来たのが何より良かった。
例をひとつ挙げると、「どんなことをして欲しいの僕に」みたいな半分以上ファルセットボイスを使用する曲なんてかつてはもう歌うことが出来なかっただろうと思われていたのに、きちんと当時の録音作品を超えるくらいの力強い歌声を聞かせてくれていて。
僕が初めて岡村靖幸を観て唐突にファンになってしまった6年前からずっと言いたくて、でも表に出すのを躊躇し続けてきた "完全復活" という言葉は、全盛期とされていた1990年頃の岡村靖幸をしれっと超えてしまい、今なお全盛期をアップデートし続けているという現在の状況に、もはや発するタイミングを完全に失ってしまった。そしてこんな痺れることってないよな、と思うのだ。

岡村靖幸 2018 スプリングツアー マキャベリン @ Zepp Namba 2018/04/30 セットリスト
01. ステップUP↑
02. ステップアップLOVE (DAOKO × 岡村靖幸)
03. Dog Days
04. どぉなっちゃってんだよ
05. Lesson (一青窈)
06. 青年14歳
07. ぶーしゃかLOOP
08. 愛の才能 (川本真琴)
09. バンドメドレー
10. できるだけ純情でいたい
11. ヘアー
12. 忘らんないよ
13. 彼氏になって優しくなって
14. Out of Blue
15. あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
16. だいすき
(アンコール)
17. Superstition (Stevie Wonder)
18. どんなことをして欲しいの僕に
19. Punch↑
20. 祈りの季節
21. SUPER GIRL
(ダブルアンコール)
22. 木綿のハンカチーフ (太田裕美) 〜 大阪ベイベ
23. 真夏の果実 (サザンオールスターズ)
24. 友人のふり
25. 愛はおしゃれじゃない
26. ビバナミダ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2193-0b4a0aef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。