爆走!讃岐平野 〜麦秋うどん遍路2019〜 (前編) 

こんばんは、ひやあつです。

2019年6月、われわれうどん部は7ヶ月ぶりにうどん巡礼の旅に出ました。
今回集結したのは部長B、顧問M、部員Pの3名。
諸般の事情を鑑み、3年2ヶ月ぶりに1泊2日の旅程です。

西端手打 上戸 (観音寺市豊浜町)



1軒目は、ついにやってきました、愛媛との県境に位置する "西の防人" こと上戸(じょうと)。

さいきんは事情あって臨時休業することが多く、実際、前回も訪れる予定にしていたのですが、その日は臨時休業と重なってしまい断念したことがあり、念願の初訪問となります。

お店は予讃線の箕浦駅に隣接しています。
ちなみに写真は愛媛県側から撮りました。で、駅はお店をはさんだ反対側。


・かけうどん 小(1玉)

ダシが濃いいい!
イリコ、カツオ、昆布で取られたダシだそうですが、太めのしっかりした麺がそのダシを上手に連れてくる。
麺の歯ごたえも独特の粉感があって、こりゃいいぞ〜♪

店主には無理せず、しかし長くお店を続けてもらいたいものです。などと矛盾した想いをついつい抱いてしまいました。

中村うどん (丸亀市土器町)



2軒目は丸亀市まで移動して、中村うどん。
有名店ですが、実は僕は初訪問です。


・釜たま 小

さいきんは釜玉を頼んでも生卵を1個渡されるのではなく、はじめから卵液がどんぶりに投入された状態で供されるお店が多いように感じているのですが、こういうのってやはりコスト的な理由なんだろうか。うどん屋コンサルみたいなのいるのかな?

お店は「先ず席に荷物を置いて」「うどんはここで受け取って」などなどお店の人からいろんな指示が飛んでくるタイプのセルフ店で面白かったです。

うぶしな (綾歌郡宇多津町)



3軒目は、宇多津の超有名店おか泉の(ほぼ)向かいにある宇夫階神社(うぶしなじんじゃ)…の境内にあり、神主さんが自らうどんを打つお店、うぶしなへ。

本当は中村の次に同じく土器町の別の店に行ったんだけど、運悪く不定休の休業日に当たってしまったので、脳内うどんデータベースより、そこからクルマで5分程度で行くことができるうぶしなを選んだってわけ。
3軒目におか泉はちょっと行程的に入れられないもんねぇ。


・肉ごぼうぶっかけ

2年2ヶ月ぶりのうぶしな。
うぶしなに来たらやっぱりコレでしょう。ってことで肉ごぼうぶっかけ。

うぶしなはまず麺が旨い。縮れのある平打ち麺でつるっとした食感も良い。
そこに甘めに炊かれた牛しぐれ煮が、麺も、ぶっかけダシも、すべてを支配する。
こんな贅沢はなかなかないんじゃないだろうか。

日の出製麺所 (坂出市富士見町)



4軒目は、うぶしなからクルマで10分ほどの位置にある、日の出製麺所へ。
こちらも2年2ヶ月ぶり。
うぶしなと日の出は近所なので、セットで訪れるパターンが定着しつつあります。

ここは11:30〜12:30の1時間しか(イートインの)営業はしていないので、訪れるタイミングがむつかしいのですが、ちょうどよいタイミングで近所にいたので寄ることにしました。
日の出はとにかく麺が美味しいからね。


・ぬるい小

今回はぬるい麺に何故か熱いかけダシをかけていただきました。
アッ、熱いダシをかけるなら冷たい麺にすればひやあつになったのに…。コレは次回の宿題に取っておきます。(次回訪れるためにあえて宿題作っておくの超大事。)

手打十段 うどんバカ一代 (高松市多賀町)



5軒目は高松に移動して、"麺バカ" ことうどんバカ一代。


・釜バター (小)


・ひやかけ (小)


・カレー (小)

かねてよりうどんバカの麺のポテンシャルの高さには気づいておってはいたのだけれど、いっつもどうしても釜バターばっかりたのんでしまっていたので、今回はシンプルなひやかけとカレーうどんもたのんで食べくらべをしてみました。
もちろん三角食べです。
そしたらなんということでしょう。
3種3様、麺の表情がそれぞれ違っていてですね。
釜あげ状態のもちっとした食感はいつも味わっていたものの、ひやかけのギュッとした感じとか、カレーうどんのカレーを麺に連れてくるざらつき加減とか、本当にそれぞれ楽しめました。

うどんバカはうどんが美味しいし、早朝から夕方まで営業してくれているのもありがたいですよね、われわれうどん巡礼者としては。

(2日目に続く)
関連記事

コメント

おいしそう~

知らないお店もありますが、参考になりました!

次回香川に行くときはこの情報をもとにまわってみます

southern_cross666さん

ぜびぜひ〜。
お役に立つよう願っております。
  • [2019/07/21 16:11]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/2206-2ba1de13