Takkyu Ishino - Berlin Trax (Loopa/Ki/oon/1998) 

本サイトの方ではちょっと前に発表してるんですけど、来月、またポルトガルに行ってきます。
しかし、もうそろそろ旅の準備もしなくちゃだけど、全く進んでませんわ。
新しいスーツケースも買おうと思ってたのに売り切れやし(コレ)。

俺にとってのポルトガルって、村上龍にとってのキューバ、石野卓球にとってのベルリンみたいなもんかもしれんなあ、と、このアルバムを聴きながら思ったりもしたけど、このアルバムはとりあえず1曲目の「Polynasia」でしょ。
和太鼓をフィーチュアしたトライバル・ハードミニマル。
卓球は "登呂ビート" って呼んでたな。
ハードテクノの中でもトップクラスの破壊力の持ち主だと思います。
この頃の卓球のつくる曲はカッコ良かったなあ~(ちょっと音数多いけどな)。

ところで、先日、相方の日記がblogになりました。
音楽blogではありませんが、よかったら遊びに行ってやってください。
tenho fome!!(ハラヘッタ!!) >>
関連記事

コメント

Polynasiaは激ヤバですね。卓球の中で一番好きな曲ですよ。
まじで奇跡なんじゃないかって言うくらい格好良いですよね。
でも結局卓球はディスコ路線行っちゃって…その後は特に
興味ナッシングになりました。Polynasia路線続けてたら
卓球への評価も今とは違ったものだったかもしれないですね
  • [2005/07/06 22:17]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

私も卓球ソロの中では「Polynasia」がいちばんです。
Mix CD聴く限り、DJはいまもハードテクノでカッチョイイんですけどねえ…。
  • [2005/07/06 23:15]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/271-af1d5933