Takkyu Ishino - Cityboys Mix presents Papa Senplicità Original Soundtrack (Ki/oon/2003) 

これもオリジナル・アルバム扱いにするのかどうかわからんけど、2002年のシティボーイズの舞台『パパ・センプリチータ』の音楽を卓球が担当。
私は舞台を観ておらず、サウンドトラックとしての評価は出来ないので、CDのみの感想を。

全体的に、エレポップ~ニューウェーヴっぽい音。
元々好きなんだろうけど、特に近年のサイドワークではこういったタイプの曲調を多用する傾向にありますね、卓球先生。
そして個人的には、敬愛する卓球先生には悪いけど、先生の作るこのテの曲はあまり好みではないのです。
そんななか、「コードメモリー」という2分弱の曲が、アシッド+「Can You Feel It」を思わせる浮遊間あるシンセでカッコ良かった。
あと、犬山犬子(現・犬山イヌコ)が歌う「擬人化、花」も結構好きです。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/278-d5396923