VA - Essays On Radio: Can I Have 2 Minutes Of Your Time? (Crónica/2005) 

ポルトガルのエレクトロニカ・レーベル(タワレコ梅田店のポップによる)っちゅーことで、その珍しさだけで買ってしまった1枚。
だもんで、このCrónicaというレーベルのことはまったく知りません。
このアルバムは、計39組のアーティストが「ラジオ」をテーマに作った2分間の曲をコンパイルしたものだそうです。
聴いたところ、エレクトロニカというよりは、音響/ミニマル/ノイズといったレーベルなのかなあ。
クラブミュージック・ベースではなく、現代音楽ベースのレーベルっぽいですね。
だから、まあ、音楽的にはそれほど面白みもないというか、こういうのってアルバムのトータル・コンセプトそのものが大事なんでしょうね。
アナログ・レコードをハダカのまま流通させて、それぞれのレコード盤に傷がつくことによって、1枚1枚違ったノイズの入る、世の中に1枚しかないレコードを作るというコンセプトの作品とかもありましたけど、そんな感じ。
Tracklist:
01: Longina: Oidar
02: Gintas K: Tunning On
03: @c: int.13/35
04: Gilles Aubry: Ridiot
05: Random Industries: Media Corrosion
06: J?rg Piringer: Sig/o
07: Pedro Tudela: Atmosfera Reduzida
08: tilia: doublethinktank III: we did our duty
09: General Magic: Chronomops
10: C?ncer: 97.1 (edit)
11: Ok.Suitcase: -sf 0905-04
12: Pal: 2ofmytime_x
13: Ran Slavin: Golden Twilight Moments
14: Christine Fowler: 2 minutes
15: Heimir Bj?rg?lfsson & Jonas Ohlsson: Thanks for Nothing
16: Pimmon: Ears that Hear
17: Paulo Raposo: Verbatim
18: Autodigest: After The Orgy (7" radio edit)
19: Pita: 59.5…
20: Lawrence English: In Preparation
21: Heitor Alvelos: Had a Scanner Been Born on the Bosphorous
22: Stephan Mathieu: Radiance
23: o.blaat: I Wish I Had My Coffee While The Radio Was On
24: Vitor Joaquim: Radio_0
25: The Beautiful Schizophonic: A Radiophonic Fairytale
26: Pawel Grabowski: Untitled 2:00
27: Pure: Free Radio Azimuth
28: Steinbr?chel: AM/FM
29: Freiband: Gong Station & Chimes
30: Antmanuv: Silent Haarp
31: Pablo Reche: Expo Radio
32: Dur?n V?zquez: Goebbels’ Pupils
33: James Eck Rippie: Radio
34: Nick Dan & Sumugan Sivanesan: Radio05
35: Miguel Carvalhais: 0303
36: John Hudak: The Big Beat
37: Boca Raton: Along The Line
38: Luis Marte: Exploraciones 6
39: ?kos Garai: To Bjeller
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/349-5701d52b